これが長谷部誠選手の「勝負服」 - ダンヒル”日本代表オフィシャルスーツ”

写真拡大

サッカー日本代表「SAMURAI BLUE」のオフィシャルスーツを提供するダンヒルは今年度も、オフィシャルスーツと同じ仕様のスーツを販売する。

イメージビジュアルにはサッカー日本代表のキャプテン、長谷部誠選手が起用された。

ダンヒルは男性のためのラグジュアリーブランド。

サッカー日本代表のオフィシャルスーツを毎年提供しており、今年で13年目を迎える。

同ブランドはオフィシャル仕様のスーツを、毎日の大切な場面に挑む際に気持ちを高められるるスーツ、すなわち「勝負服」と位置づけている。

今回の「勝負服」のコンセプトは「パワースーツ」となった。

スーツの内側には、オフィシャルスーツの証である「Made Exclusively For JAPAN NATIONAL FOOTBALL TEAM by dunhill」(サッカー日本代表チームのために特別につくられた)の文字とともに、サッカー日本代表チームエンブレムが縫い込まれた。

デザインは、シングル2つボタン・ノッチドラペル・サイドベンツ・スラントポケットとなっている。

このスーツの価格は19万9,500円。

他にトラウザー(ダンヒルカスタム展開全モデル作成可)、シャツ(2万9,400円)、ネクタイ(1万5,750円)、ソーダライト ボタンカバー カフリンクス(2万6,250円)、ベルト(2万9,400円)なども展開する。

このスーツをより多くの人に知ってもらうため、長谷部選手を起用し、コンセプトを見事に表現した「ロボテックスーツ」のイメージビジュアルとムービーも制作された。