28日、北朝鮮の対南宣伝Webサイト「我が民族同志」は、日本と韓国の間で締結した「軍事情報包括保護協定」を批判する論評を28日掲載した。

同論評は、韓国が同協定の締結を急いだ理由を「アメリカの圧力であった」と主張し、韓国当局に対し「事大売国連中を至急に埋葬しなければならない」と述べた。

同論評の内容が引用報道されると、韓国のネット掲示板には「お願いだから静かにしろ」「お前らのせいで日本と協定したのだが」と、北朝鮮への批判が相次いだ。

日本に対しては、「韓国が自衛隊を軍隊として認めたようなものではないか」と、懸念する声が上がったが、「敵の敵は味方だってことわざがある」「最初は軍事協定に反対だったが、北朝鮮がこのような姿勢なら肯定的に感じる」と、普段は批判の的になる日本との協定に対して肯定的な意見が多く書き込まれた。

【関連記事】
日韓軍事情報協定、韓国内では反発も「過去の歴史の清算が先」=韓国 
「韓日軍事協定、日本の過去清算に免罪符」…市民団体が次々と反対表明
大阪の安宿を求めて西成のあいりん地区に外国人旅行者に混じって宿泊してみた米国が韓日軍事情報協定の締結を歓迎

【関連情報】
 <軍事情報包括保護協定>こっそり通過 ― 稀代の親日売国行為(我が民族同士<朝鮮語>)