●帝の陰謀

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●袁術討伐戦!
曹操の元で籠の鳥も同然であった劉備達、勅命により袁術討伐のため曹操から兵を借り受け許昌を後にします。

劉備を袁術討伐へ出したのは失敗と気付いた曹操は郭嘉を使者に出し、劉備を許昌を戻そうとします。しかし、劉備は勅命を優先させる事を明示し郭嘉の依頼を断ります。

曹操も帝に勅命を出させようとするも帝に断られ、馬騰の言動にも不自然さを感じています。
●劉備の母、我が子を気遣う
劉備は許昌に置いてきた母を徐州へと移動させようとします。しかしながら、劉備の母は曹操への謀反の疑いがかけられる懸念からその話を断り、許昌へと残る事にします。

劉備は母に大志を見破られるも、改めて母の偉大さに気付くのでした。
●悪夢にうなされる帝
帝は毎晩のように悪夢にうなされます。彼の兄の弁皇子や何進
が死してなお彼を苦しめる夢、しかしながら彼の本当の悩みは
実質的な権力者である曹操の影に怯えているためなのです。

帝自身も曹操に殺されてもおかしくないのです。そこで帝は淑玲に依頼して手紙を劉備に届けようとします。

※この件については美芳が紳々・竜々を上手く騙して使者として遣わす事に成功します。
●袁術の最期!
劉備達は袁術攻略の作戦として、落石の計を用いようとします。その作戦では張飛が敵の大将・紀霊を誘導して、わざと負けて落石をする場所まで逃げ出すというもの。

普段は勇猛果敢な張飛の智略が冴え、見事に袁術軍は壊滅状態まで陥ります。

さて、淑玲の手紙は帝の劉備への曹操討伐の依頼ですが紳々・竜々は恋文だと思い込む始末。

※あまりにも間抜けな彼等は憎めない存在ですね!

惨敗を喫し、兵士も食糧も殆ど失った袁術。最期は蜜水を欲するも血水しかないと断られ、そのまま袁術は病没してしまいます。

そして彼が所持していた玉璽は曹操の手に渡る事になります。
●帝、曹操暗殺を企てる!
帝は御典医である吉平に悩みを打ち上げると、吉平は曹操を毒殺しようと企てます。それからしばらく帝と吉平は親密になったのですが…。

それを怪しんだ曹操、仮病により吉平を呼び出して毒殺失敗をさせたうえ(曹操の飼い猫は死にますが)、帝を詰問します。

すると曹操は劉備・馬騰との連判状を発見します。この事で曹操は帝を封じる口実が出来たわけですが…。

劉備・馬騰と曹操の戦いはどうなるのでしょうか?

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト