実践している節電方法、約半数が「暖房・冷房器具をできるだけ使わない」

写真拡大

リクルートが運営する不動産・住宅サイト「SUUMO(スーモ)」は、住まいや暮らしに関するさまざまなテーマのアンケートを実施している。

このほど「あなたが実践している節電方法はどんなことですか?」のアンケートを実施、その結果を発表した。

調査は2012年3月26日〜3月27日に、20〜49歳の男女を対象にインターネットを通じて行い、392の有効回答が得られた。

まず「あなたが実践している節電方法はどんなことですか」と質問したところ、「暖房・冷房器具をできるだけ使わない(49.8%)」がトップ。

次いで「家電のプラグを抜く」「つけっぱなしはやめる」「厚着、薄着」「暖房・冷房器具は温度設定をいつもより低く、高く設定する」という結果になった。

少数意見としては「ベランダで夏野菜を育て緑のカーテンをつけた」「ご飯は夕方までにまとめて炊いて、保温はせずに冷凍」「夜間電力を利用する」「ソーラー充電器を購入した」などの意見が寄せられた。

実践している節電方法としては、「暖房・冷房器具をできるだけ使わない」が約半数を占める結果となり、多くの人が実行している様子がうかがえる。

【関連リンク】【レポート】エアコンの出番を減らす節電テク! (Part2) ”日本古来”の涼やかグッズに注目!携帯型ソーラーパネル&多機能充電型扇風機「SUGOI ECOセット」発売半数以上の人が”本当に電力不足か疑問” - パルシステム