JR東海、大井車両基地など東海道新幹線の車両基地建物4カ所で耐震化を実施

写真拡大

JR東海は28日、東海道新幹線車両の定期検査・修繕を行う車両基地(車両所)4カ所の耐震化を行うことを発表した。

工事費は約43億円を予定している。

東海道新幹線の地震対策については、東京の総合指令所の機能が損なわれた場合に備えての第2総合指令所の新設、土木構造物の耐震補強、脱線・逸脱防止対策、地震防災システムの機能強化などに取り組んできた。

さらに車両の全般検査を行う浜松工場をはじめ、電力・信号・通信といった重要な電気関係機器を収容する施設も耐震化を進めることに。

今回の発表によれば、耐震化を行うのは大井車両基地(東京都品川区)、三島車両所(静岡県三島市)、名古屋車両所(名古屋市中村区)、鳥飼車両基地(大阪府摂津市)の4カ所。

各施設の検修庫については、「ブレース補強」「方杖補強」などの工法で耐震補強を行う。

工期は今年7月から2015年6月までの予定。

信号扱所が入っている建物も耐震化が図られることになり、三島車両所の事務所は建て替えられ、名古屋車両所の事務所も耐震補強を実施する。

工期は今年7月から2015年12月まで。

三島車両所の電源室と鳥飼車両基地の通信機器室も耐震補強を行い、工期は今年7月から2013年9月までの予定となっている。

これらの工事により、東海道新幹線の駅や列車運行に関わる建物はすべて耐震化されるとのこと。