MUJIが大阪の団地をリノベーション UR西日本とプロジェクト発足

写真拡大

 「無印良品の家」のネットワーク事業を展開するムジ・ネットが、都市再生機構西日本支社(以下、UR西日本支社)とコラボレーションした団地リノベーション企画「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」を発足した。現代の"壊して作る"リノベーションから"壊し過ぎず、作り過ぎない"モデルの完成を目指し、大阪のニュータウンを中心とする3つの住宅団地を対象として、2012年秋以降に完成予定。公式サイトに設けられたコンテンツを通じて、製作過程を順次公開していく。 MUJI×UR団地リノベプロジェクトの画像を拡大

 「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」の発足にあたり、ムジ・ネットとUR西日本支社は、それぞれがもつブランドイメージに共感したことから合意の証として連携協定を締結した。ムジ・ネットは、2004年に同社運営の家を提案するブランド「無印良品の家」をスタート。自然の力を利用した優しい家「木の家」、イギリスの小さな村の風景が原点としてつくられる「窓の家」、暮らしやすさをいちばんに考えた「朝の家」を展開してきた。一方で、UR西日本支社は1955年に日本住宅公団として発足以来、近畿2府4県を中心に444団地約21万2千戸の賃貸住宅を管理。住宅性能の向上や多様なソフトサービスを提供するなど、様々な付加価値の創造に取り組んでいる。 「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」では、昭和40年代から50年代に郊外ニュータウンや市街地で供給された住宅団地を題材に、リノベーションという住まい方について提案。ユーザーとコミュニケーションを図りながら、ムジ・ネットとUR西日本支社が提案する新たな賃貸リノベーションの在り方を発信していく。公式サイトではコラムやアンケート、インタビューなどを順次掲載。大阪府豊中市の「新千里西町」、大阪府堺市の「泉北茶山台二丁」、大阪府大阪市の「リバーサイドしろきた」の3団地を対象に、5プランのリノベーションモデルが実施される。■MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト URL:http://www.muji.net/ie/lifestyle/danchi/