マツダ、コンパクトカー「ベリーサ」を一部改良して発売

写真拡大

マツダは28日、コンパクトカー「ベリーサ」を一部改良して発売した。

価格は155万円から186万4,000円。

今回の一部改良では、ボディカラーに新色の「ドルフィングレーマイカ」を追加して全7色を設定。

また、「C」グレードのシート座面色を「ライラックグレー」から「テーラードブラック」に変更したほか、メーターフードやグローブボックスリッドなども黒基調に変更している。

前席と後席外側のヘッドレストを大型化して形状も変更するとともに、リア中央座席にヘッドレストおよび3点式シートベルトを設定することで、安全装備を充実させたとのこと。

エンジンは1.5L DOHC、変速機は4EC-ATを採用し、駆動方式は2WD(FF)とe-4WDを用意する。

乗車定員は5名。