結婚式、招待人数・支払総額とも減少の傾向に - みんなのウエディング

写真拡大

みんなのウェディングは結婚式の気になるトレンドを調査した「みんなのウェディング白書2012」から見えてきた、現在の結婚式の招待人数、支払総額の傾向について発表した。

「みんなのウエディング白書2012」は2012年5月24日〜5月31日にかけて、過去1年以内に挙式・披露宴を実施した男女を対象に行った調査で、有効回答数は238だった。

まず、「披露宴・披露パーティーの招待ゲストの人数は何名でしたか」という設問に対し、「70〜80人未満」がトップ。

次いで「60〜70人未満」で、60〜80人未満と回答した人は前年比8.6%の増加となった。

一方、「80人以上」と答えた人は前年比より9.1%減少した。

「挙式・披露宴で実際に支払った最終金額はいくらでしたか」という設問に対し、2012年は「350〜400万円」「400〜450万円」と答えた人が合算で前年比7.2%の減少。

一方、「300〜350万円未満」と答えた人が前年比で5.4%増加した。

また、「挙式・披露宴の費用で、ご祝儀・親等からの援助金など引いて、最終的に二人で支払った金額はいくらでしたか。

」という質問には、2012年は「持ち出し費用はいっさいなかった」「50万円未満」「50〜100万円未満」と答えた人が合算で前年比4.3%の増加。

より賢く予算内に収めて結婚式を挙げている様子がうかがえる。

【関連リンク】結婚式の総予算は○○○万円 - みんなのウェディング結婚式、ゲストが「本当にうれしい」心遣いとは?―ゼクシィ調査結婚式は誰のためにするもの? 夫婦関係調査2012 - ブライダル総研