愛だけで結婚できる?「できない4割、できる2割」 - ブライダル総研調査

写真拡大

リクルートが運営するブライダル総研は、夫婦関係の状況について詳細に把握するために、全国の20代から60代の既婚者2,000人を対象に「夫婦関係調査」を実施。

夫婦の満足度や夫婦関係に関する調査結果を発表した。

同調査は2月16日〜2月21日にかけて、全国の「既婚者かつ本人初婚」の20〜60代の男女2,000人を対象にインターネットで実施した。

最初に「愛情さえあれば、結婚できる」と思うかを聞いてみたところ、「そう思う」人は23.9%、「そう思わない」人は38.0%。

愛情だけで結婚できると思う人の割合をそうではないと思う人が上回る結果となった。

男女別に見ると、男性の方が「愛情さえあれば、結婚できる」と思う割合が高く(男性27.9%、女性では19.8%)で、女性よりも結婚するのに「愛のチカラ」を信じていると言えそうだ。

続いて、一度結婚した夫婦から愛がなくなったらどうなるか質問した。

「愛情がなくなれば、離婚も当然だ」と回答した人は全体の3割の31.9%。

一方「そう思わない」人は23.4%だった。

結婚年数別に見てみると、男性は結婚年数で違いがほとんど見られないのに対して、女性は愛がなくても離婚しないと思う人は結婚初期の1〜3年目で多いが、それ以降減少する傾向にある。

女性は最初は愛がなくても離婚しないと思えるものの、結婚生活を送るにつれて「愛のチカラ」の必要性を感じるようになるのでは、と同総研はみている。

【関連リンク】結婚指輪つけてる?結婚10年以上は新婚時と比べて装着率が半減夫婦ゲンカ、妻が8割がリベンジを決意。

散財リベンジの平均額は9万円!結婚式は誰のためにするもの? 夫婦関係調査2012 - ブライダル総研