東北新幹線開業30周年記念、東北の食材を豊富に集めた駅弁3種類発売 - NRE

写真拡大

JR東日本のグループ企業として駅弁の販売などを行う日本レストランエンタプライズ(NRE)は今月より、東北新幹線開業30周年記念駅弁を販売している。

東北新幹線は1982年(昭和57)年6月23日に大宮〜盛岡間が暫定開業し、今年で30周年を迎える。

30周年記念駅弁は「あおば・30品目入り弁当」「あおば・各駅めぐり弁当」「新幹線やまびこ弁当」の3種類。

「あおば・30品目入り弁当」(1,100円)は、三陸産イクラと茎わかめ、サンマの竜田揚げ、牛タン焼き、ずんだ白玉団子など宮城・仙台の食材と献立を豊富に盛り込んだ弁当。

「あおば・各駅めぐり弁当」(1,000円)は、東京から岩手に至るまでの東北新幹線沿線地域の美味を集めた弁当。

いずれも7月31日まで、仙台駅と大宮駅の駅弁屋「旨囲門」にて販売する。

「新幹線やまびこ弁当」(1,000円)は、北東北の海の幸を中心に素材の味や色合いを生かした素朴な弁当。

東北新幹線開業当時に走行していた200系「やまびこ号」の画像が掛紙になっている。

来年5月頃までの約1年間、盛岡駅、一ノ関駅、八戸駅、新青森駅、大宮駅の駅弁屋「旨囲門」にて販売する。