セブン銀行、個人向け口座数が100万口座を突破 - 口座受付開始から11年で

写真拡大

セブン銀行は27日、個人向け口座が100万口座を同日に突破したと発表した。

同行は、2001年5月に新規口座開設の受付開始。

2001年12月にはインターネット・モバイル・テレホンバンキングサービスを開始した。

2006年3月に定期預金を開始した後、2006年4月にはICキャッシュカード対応を開始、2010年1月には個人向けローンサービスを開始した。

さらに2011年3月には、海外送金サービスも開始した。

同行では、「今後もより多くの顧客に身近で便利なおサイフ口座として利用してもらえるよう努めていく」としている。