小田急、夏休み期間に鉄道教室やバスの仕事体験など親子体験イベント実施

写真拡大

小田急グループは7月25日より8月26日まで、同グループ各社の見学や仕事体験などができる「小田急グループ親子体験イベント」を開催する。

小田急グループの事業や商品、サービスに対する理解を深めてもらおうとのねらいで、毎年夏休み期間に実施している。

今年は、ハイアットリージェンシー東京の中華料理店「翡翠宮」のシェフによる点心教室や、江の島周辺でのヨット体験、バス乗務員の仕事体験など新たな体験教室も7つ開講。

例年好評を博している運転士・車掌の仕事や電車の仕組みが学べる「鉄道教室」やパン教室なども引き続き実施し、これまでで最も多い13プログラムを実施する。

受講定員はあわせて196組400名。

参加申し込みは小田急グループの親子体験イベント専用ウェブサイトかハガキにて行う。

締め切りは7月17日(当日消印有効)。

応募多数の場合は抽選となる。