兄貴(丸尾孝俊)  1966年、大阪府生まれ。食べるものに困るほどの「極貧」時代を過ごす。20代後半で、単身インドネシアのバリ島に渡り、無一文から事業を開始し、奇跡の大逆転。バリ島での資産は圧倒的で、現地関連会社29社を所有し、現地人従業員は5300名を超え、自宅がなんと25軒、さらに東京ドーム170個分の土地を所有する世界レベルのウルトラ大富豪。その「資産」は、「ありすぎて試算できないレベル」。地元の人々に、学校、病院、サッカー場などを寄付するだけでなく、52人の孤児の「里親」になるなど、今でも、困っている人には惜しみなく手を差し伸べている。

写真拡大

この記事は、99%実話の物語(ストーリー)である『大富豪アニキの教え』の、【プロローグ】〜【第4話】までを、全5回に分けて公開するものです。年収295万円、31歳ダメサラリーマンが、バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪アニキに出会い、【25の教え】をこうて、人生の大逆転をはかる。

【第4話】会う

 ――深夜28時(というか朝の4時)。

 兄貴(アニキ)の家には、猫が3匹ほどいる。種類は「メインクーン」の類(たぐい)だろうか。ウルトラ大富豪の家にふさわしく、毛が長く、気品にみちている。

「この猫の名前はなんですか?」と聞くと、「『ミーちゃん』や」と兄貴は答えた。「それじゃぁ、こっちの猫は?」と聞くと、「それも『ミーちゃん』や」と兄貴。「え、兄貴、それじゃぁ、そちらの猫は?」と聞くと、「それも『ミーちゃん』やねん」と兄貴。
さすが、兄貴、3匹とも、名前は「ミーちゃん」だぜ。

 兄貴は、猫の「ミーちゃん」に、「どや?元気にやっとるか?」と話しかけ、ニッと笑った。さすが、兄貴、猫にも普通に、話しかけている…。

 兄貴は、「みんな、日本からの長旅で眠いやろ?コーヒーでも飲もうや?」と言うと、パンッパンッと、手を叩いてお手伝いさんを呼び、コピ(コーヒー)を注文した。

 僕は「旅行中くらいは、日本のことを忘れよう」と思うのだけど、なかなかできない。
有給休暇中とはいえ、やっぱり、日本のことが気になってしまう。特に仕事のこと。わざわざノートパソコンを持ってきたのは、「仕事のメールやフェイスブックをチェックして、仕事の状況、友人たちの状況を把握しておきたい」という考えがあったからだ。

 僕は兄貴邸のリビングで、パソコンを立ち上げた。兄貴邸には、「無線のネットワーク」がはってあるとのことで、受信状況を見るかぎり、どの部屋にいても、インターネットに快適につながるようだ。
僕は、兄貴に、質問した。

「兄貴、インターネットで、『フェイスブック』などのSNSや『メール』を使えば、いつでも、誰とでも、どこにいてもコミュニケーションがとれると思いませんか?僕が兄貴と知り合えたのも、きっかけはフェイスブックやメールがあったからですし。フェイスブックやメールで『相手を気にかけるコメント』を上手にしていけば、多くの仲間ができるんじゃないでしょうか?」
兄貴は、お手伝いさんから、コピ(コーヒー)を受け取って、ズズズッとすすると、グッとこちらを見た。

「あのな、いっちゃん。それは違うで。フェイスブックやメールは、実は、危険なんや。『やってはいけない』とは言わない。せやけどな、使い方を間違えたら、これは完〜全に危険なんや」
「危険、ですか?どんなふうに?兄貴もかなりやっていますよね、フェイスブック」

「せやけどな、実は、フェイスブックやメールこそが人間関係を軽くするんや。日本の国民は、○○ブームとか、お祭に集まるのが大好きやけど、フェイスブックも、そんな感じなんや。大学生が考えたこと(フェイスブックは、当時大学生だったマーク・ザッカーバーグが構築したSNS)にかまけていてはいけないんや。『人と人とのつながり』をフェイスブックやメールだけですませるのは、間違いだとオレは思うんや」

 突然、兄貴は、お皿の上に止まったハエを、素手でパコーンと捕まえて、「完〜全にしとめたわ」と、ニッと笑った。すげえ、兄貴!ハエを素手で捕まえられるとは!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)