休日に夫婦で一緒にいる時間、「3時間未満」だと離婚を考える夫が3割以上に

写真拡大

明治安田生活福祉研究所はこのほど、「男性の幸せに関する意識調査」の結果を発表した。

同調査は、3月2日〜4日の期間にインターネット上で行われ、全国の20歳以上64歳以下の男性3,093名から有効回答を得た。

同調査で、仕事とプライベートのどちらを優先したいかと尋ねたところ、プライベート優先派(「プライベート優先」17.1%と「どちらかといえばプライベート優先」35.6%の合計)が52.7%で、仕事優先派(「仕事優先」2.9%と「どちらかといえば仕事優先」14.6%の合計)の17.5%を大幅に上回った。

年代別に見ると、若い世代ほどプライベート優先派が多く、特に20代既婚者では29.1%に上っている。

「男の幸せ」とは何だと思うかとの問いに対しては、トップが「幸せな家庭をつくること」で29.0%。

次いで、「好きな仕事をすること」10.2%、「パートナーを愛すること」10.1%、「家庭の生活を支えること」9.2%、「パートナーに愛されること」8.9%となった。

現在の幸せ度は10点満点で何点かと聞くと、最多は「7点」で16.4%、以下、「5点」15.2%、「8点」14.8%、「6点」14.7%との結果に。

平均点は6.01点で、2011年に行われた女性調査での6.94点を1点近く下回った。

また、女性と比べると7点以上の割合は男性の方が約20ポイント低かった(男性45.2%、女性64.3%)。

続いて、既婚者を対象に夫婦が一緒にいる時間と夫の幸せ度について調べたところ、幸せ度の平均は6.77点だった。

一方、休日に5時間以上一緒に過ごす夫婦では、夫の幸せ度は平均を上回っており、特に10時間以上一緒に過ごしている夫の幸せ度は7.29点と高い数字となった。

反対に、3時間に満たない場合は幸せ度が低く、一緒に過ごす時間がほとんどない夫の幸せ度は5.31点と平均より1.46ポイントも下回った。

また、休日に10時間以上一緒に過ごしている夫婦の場合、66.9%が「離婚を(一度も)考えたことはない」と答え、離婚を(ときどきも含む)考えている夫は14.1%にとどまった。

しかし、一緒にいる時間が3時間未満になると、離婚を一度も考えたことがない夫の割合は半数を割り込むと同時に、離婚をときどきあるいはいま現に考えている夫が3人に1人以上に上ることが分かった。

1週間のうち夫婦で夕食を一緒にとる日数と、夫の幸せ度の関係を見てみると、毎日一緒に夕食を取る夫の幸せ度が6.98点と最も高いものの、2日以上であればあまり差は見られなかった。