富士火災海上保険、「iPad」を利用した火災保険契約システムを導入

写真拡大

富士火災海上保険は、iPadを利用した火災保険契約システム「(仮称)かんたんナビ」を6月より導入し、順次全国展開を進めると発表した。

「かんたんナビ」は、iPadの画面上で、火災保険契約時の保険料見積もりや商品説明、申込手続きなどを行うことができるペーパーレスの契約手続き完結システム。

対象となるのは、同社の保険「未来住まいる<家庭用火災総合保険>」に新規で2年〜36年の長期契約を結んだ人で、iOS 5.0以上のiPad、WiFI等の通信環境で利用可能。

iPadの特性を生かした、動画によるニーズ喚起ツールや電子パンフレットも搭載している。

これにより、顧客は補償内容の確認や見積もりプランの変更をiPad上で簡単にできるようになるという。

富士火災 執行役員兼CIOのヴィンセント・オフレシオ氏は「当社は常に顧客へ確かな安心を提供することに努めている。

当サービスは代理店が顧客へ確かな安心を効率良く提供することを目的としており、今日の技術を活用した大きな第一歩となる」と述べている。