「生み出したいもの」がないから、人を手伝おうと思いました 〜第6回:SIIIS社長・杉山隆志さんの場合(前編)

<柴田の問題意識>

杉山さんのことを知るヒトはみな“彼は自由人”と言います。自由奔放に活動する彼の動きはまさにそうです。しかし、その底辺に流れるものは変わっていません。「好き放題」と「好きをカタチにする」ことの違いのようにも思えます。そこに彼の信念が見えます。


杉山隆志(すぎやま・たかし)●SIIIS社長

1966年、神奈川県生まれ。89年電気通信大学経営工学部卒、91年同大学院修士課程修了。同年アクセンチュア入社し、一貫して地方自治体のシステム構築のコンサルティングに従事する。その後、2001年デロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)、06年フライトシステムコンサルティングを経て、11年SIIISを設立。同社代表取締役社長に就任。12年には「関心空間」事業の譲渡を受ける。そのほかにも、地域コミュニティのIT支援と教育を軸にしたNPO法人「AIP」の事業担当理事を兼任。佐賀県武雄市のFacebook化支援や市政アドバイザーに就任するなど、「地域から日本を変える!」をモットーに活動中。

>> SIIISのウェブサイト

柴田励司(しばた・れいじ)●インディゴ・ブルー代表取締役社長

1962年、東京都生まれ。85年上智大学文学部卒業後、京王プラザホテル入社。在蘭日本大使館、京王プラザホテル人事部を経て、世界最大の人事コンサルティング会社の日本法人である現マーサージャパン入社。2000年日本法人社長就任。その後、キャドセンター社長、デジタルハリウッド社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任して現職。

>>Indigo Blueのウェブサイト


■「致命的」だった英語で、弁護士は諦めた

――杉山さんに初めてお会いしたのは、杉山さんが前職の取締役をされていたときでしたね。ひと言で言うと、「これは普通のサラリーマンではない」。見た目のことではありません(笑)。なにしろ発想が枠にとらわれていない。その後独立。やっぱりサラリーマンの枠にはハマりませんでしたね。この対談写真を見て、「登山家か?」と思う人もいると思うので(笑)、まずは今、どんなことをされているのか、自己紹介からお願いします。

はい。今は、去年の5月に登記した「SIIIS(シーズ)」という福岡にある会社の社長をしています。この会社は前職の社内ベンチャーとしてスタートを切ったのですが、この部署をクローズしたいという意向を受け、もったいなく思い、僕が引きうけました。

――MBOみたいな感じですね。

そうですね。かなり円滑なMBOです。前職の資本はまったく入っていません。

僕が今、起業をして実現したいことが何なのかをお伝えするために、すこし過去へ遡ってお話させてください。

大学を卒業してすぐ、僕はアクセンチュア(当時の名称はアンダーセンコンサルティング)に勤めました。91年入社です。当時の僕は、「自分で生み出したいもの」がなかった。

――だからコンサルを志望したと。

そうです。「自分で生み出したいものがない」から「(自分のスキルを活かして)人のお手伝いをしよう」と思いました。こうしたことを考えたのは大学受験のタイミングだったのですが、「人を手伝う仕事」としてすぐに2つの職業が思いつきました。

1つは弁護士。けれど致命的に英語ができなかったので(苦笑)、結果的に諦めました。そしてちょうどそのころ経営工学という専攻が目立ち始めていて、これは今でいうコンサルティングなのだと思います。

――まあ、そうですね。

経営工学=コンサルティングって、人の役に立てるかもしれない。これをやりたいなと思った。その後、無事に大学院まで卒業しアクセンチュアに入社して、希望通りコンサルタントとして11年務めました。このとき、たまたまなのですが自治体の仕事を担当することが多かった。福岡県、北海道、東北などです。

――ここで福岡との接点ができたのですね。

はい。一度地方へいくと、次も選ばれやすいんですよ。こうして僕はすっかり地方組になります。

■「東京は冷たい」に違和感

――地方へは1回いくと数カ月単位なんですか。

いや、年単位です。福岡には入社2年目から5年間いました。そのあと、1回東京に戻って、その後は、福岡を含むたくさんの地方を担当しました。

そうしているうちに東京にいるときから違和感をもっていたことが明確になってきて、その1つが「なんでこんなに東京に人が来るのか」という疑問です。

――なんでこんなにたくさん、と。

そう。僕は神奈川県の出身であり東京は身近なのですが、地方から東京に来られた方から「東京は冷たい」とか、「俺には帰る故郷があるんだ」とかよく耳にするんです。でも、ふと「あなたがそうおっしゃる東京というのは、僕にとっての『故郷』なんだけどな……」と思っていましたね。

そして今度は、たとえば福岡にずっといるという方に話を聞くと、自分たちを卑下している方が少なからずいらっしゃいます。理由は「東京にいっていないからだ」とおっしゃる。そして「こっちにいても、なんにもできることはない」とまでおっしゃる方もいる。これを聞くと、ますます「おかしな?」と感じたんです。

僕はアクセンチュアに属していたので、確かに若いうちから魅力的な人に会う機会はありました。けれど、きっかけさえあれば、これって誰でもできるじゃん、と思った。福岡(や、それ以外の地方の人)でも気の持ちようでできるだろうと。

柴田さんもよくお話されていると思うのですが、コンサルタントの仕事は構造化を叩きこまれますよね。だから、僕がぼんやり思っている、福岡の人たち、もちろんすべてではありませんが、に少なからず存在するあきらめに似た感じと、東京に来た方の、なんて言ったらいいのかな……、不遜感とでも表現しようか……を考えるとなにかおかしくて。

――それらを構造化してみた?

そう、構造化してみたくなった。

それと、地方の仕事と国の仕事をしてみて感じたことは、国の仕事はあまりにシステムが複雑に出来上がりすぎていて、僕らが取り組むものはすでに「ワーク」の段階。もはや今から企画提案できることが少ないな、と。けれど、地方にはまだ揺らぎがあって提案してやっていける。これが面白かった。

こうして、ここまでは人のやりたいことを応援していたはずが、だんだんと「地方に住む人たちや街が変わるような仕掛けづくりをしてみたい」と、いつのまにか「自分のやりたいこと」ができていたんです。

――なるほど。もともと人の役に立ちたいと思っていたわけですからね。

地方に残っている人に少なからず存在している、このあきらめに似た感じをなんとかしたい。生まれたところで仕事ができる環境を日本中につくるような仕掛けをしたいと思いました。自分の育ったところでもここまでできるんだということを実感してほしかった。それをスタートした場所が福岡だったのは、仕事の都合で福岡が長かったからで、たまたまです。なにより、ごはんもおいしいし(笑)。

加えて、他の都市に比べて地方の中では恵まれた点が多いと僕が思う福岡ができなかったら、他のどこができるの?という思いもあったため、この土地はスタートにちょうどよかったんです。

――そうした要素が福岡にはありますからね。なるほど。

■自治体のシステムをスリム化して「干された」時期も

まだ会社員だった頃に取り組んだ仕事の1つとしては、自治体のシステム構築って非常に高額だったので、これをスリム化する手法をつくりました。そうしたらある国の方から、「こんなことされたら、大手のIT企業のビジネスに少なからず支障がある」と言われまして……。後々、ちょっと困ったことになったんです。

――杉山を入れるな、みたいなお達しが出たとか?(笑)

真相は闇の中ですけどね。その類の話をいろいろな方から耳にしました(苦笑)。実は上古の話はすでにアクセンチュア時代ではなく、デロイトトーマツに移籍した後のことなので、アクセンチュアを離れた理由もお話しておきますね。

11年も務めるとパートナーになるかアソシエイトパートナーとして専門職になるかを決めなくてはならなくなります。同社のそのポジションへ課せられる予算というのは、地方自治体の予算規模と照らし合わせると、ほぼ達成不可能な数字で、必然的に国のプロジェクトに手を伸ばさなければならなくなってきます。

けれど、国の仕事にはすでにお話したように関心がなくて、つまり僕にとっては「誰でもできることを誰よりもきちんとやる」という風にしか見えない任務に、当時の僕はすでに興味がなかったんです。そんなとき、たまたまデロイトが地方自治体の仕事をしたがっていると聞いて、そのための部署を新たに立ち上げることになった。「部署の立ち上げって面白いなぁ、やったことないなぁ」と関心を持ちました。

「地方自治体の仕事は、他の業界とは違い地道な積み上げが問われる業界(まぁ、ぶっちゃけてしまうと、ビジネスになりにくいということなのですが……)ですが、デロイトとして名前を残すような仕事はします」と約束して入社。実際、入社1年目に10自治体に企画書を書いたんですが、これが全部通ってしまい(笑)、デロイトはいろいろな記事にもなり、結果も残せたのではないかと考えています。

――この「誰かのためになにかしたい」というのは、学生時代からそうでしたか?

はい。だから、生徒会であれば「生徒会長をやってみたいな」とか、何かとそういう点で目立っていました。学芸会では主役だったし、授業中もあてられがちだった。

――なにか、「誰かのためにこんなことをやった」っていうエピソードはありますか?

そうですねぇ。あ、中学の時に校則を変えたことがありますね。あり得ない校則がいっぱいあったので、おかしいですよね?と先生と交渉して変えていきました。ただしそんなことをすると、当時たくさんいた、いわゆるツッパリたちもその機会に乗じて自分達にだけ都合のいい、とんでもないことをワーワーと言い出す。けれど彼らの主張は論理が通っていないので、そう説明して突き返した。そうしたら、逆に彼らに筋が通っていると感心されて、毎朝彼らからあいさつをいただくような仲(笑)になったり。

――なんかエピソードを聞いていると自分の学生時代と似ているなぁと感じます(笑)。僕も中学時代に生徒会長でね。当時、女子が清掃の時間にブルマにならないといけなかった。これを女子がみんな嫌がっていて。おかしいと思ったから校則を変えてトレパンを履けるようにしました。

そうそう。僕も同じようなことをしましたよ。先生もどうしてこうなっているのかの理由を言えないわけ。理由を言えないことはやめましょうよ、と。

――そうそう。かなり同じようなことをやってたんですね(笑)。よくわかりました。

(後編に続く)