●許田の巻狩り

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、帝から官位を賜る!
呂布討伐に成功した曹操、そして劉備は許昌へ凱旋して帝(献帝)に謁見します。

帝は幼少の頃から劉備に助けられた事もあり、更に親族でもあるため、その場で劉備に官位を与えます。

面白くないのは曹操、彼は丞相であるため帝が独断で官位を与えた事に対して、劉備を倒す口実を考えるのですが…。

そこで最近、曹操の参謀となった郭嘉は帝と劉備その他を集めて「巻狩り(獣を狩るイベントの事)」を提案します。
●巻狩り
郭嘉の策略で曹操は巻狩りで帝を蔑ろにした暴言・行為をすることを進言します。これによって帝に忠義を示すのであれば曹操に対して刃を向ける事になり、劉備を倒す大義名分が出来るわけです。

巻狩りでは弓矢に慣れていない帝は矢を外し、曹操は見事に虎を仕留めます。そこで曹操は帝を馬鹿にした暴言を吐くのですが…。

劉備は曹操の策略を見抜き我慢することにします。
●帝、劉備に直垂(ひたたれ)と帯を贈る!
巻狩りの劉備の態度が腑に落ちない帝は侍女の淑玲の提案で劉備を呼び出して直垂(ひたたれ)と帯を贈る事にします。

※帝は直垂の中に手紙を忍ばせて、劉備の真意を問うつもりのようです。

途中曹操と郭嘉に直垂と帯を取られそうになるも、何とか逃れます。

その日の夜、劉備は族に襲われ行燈を倒してしまい直垂を焦がしてしまいます。すると直垂の中から帝の血書が現れます。

それによって劉備は帝の真意を知る事になります。
●馬騰、劉備と密かに連合軍を決意する!
西涼の太守である馬騰は帝の忠義の士。彼は巻狩りのときの劉備の態度に不満を持っていたようです。

馬騰は帝の血書を見て劉備との連判状を作成し、打倒曹操を決意します。

しかし、曹操と郭嘉はその2人の動きを不審に思い、一計を案じます。
●劉備、袁術討伐を口実に許昌を出る!
劉備は曹操に昨夜の馬騰との話の内容を問われます。答えに窮した劉備、丁度雷が落ちて杯を落としてしまいます。

そこで何かを思い付いた劉備は曹操の質問を上手く誤魔化します。

そこで公孫 瓚の戦死と袁紹・袁術の進軍の方を受け、劉備達は袁術討伐のため曹操から兵を借り受け許昌を後にします。

※結局、曹操は劉備を殺害出来るチャンスを逃す事になるわけですが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト