福島第一原発1号機、建屋内で1万300ミリシーベルトの放射線量を計測

写真拡大

東京電力は27日、福島第一原子力発電所1号機原子炉建屋のトーラス室内調査結果について発表した。

調査は、R/B1階床配管貫通部から、26日に実施。

配管貫通口よりCCDカメラ、温度計、線量計を挿入した。

配管と床貫通スリーブの隙間約50mm。

その結果、トーラス室内の放射線量は19.5〜1万300ミリシーベルト/hであることが分かった。

しかしながら、線量計は調査中に故障したという。