老後に住みたい都道府県、人気ナンバーワンは「沖縄県」- オウチーノ総研

写真拡大

オウチーノ総研は20歳以上の男女1083人を対象に、「老後に住みたい都市・都道府県」について調査を行った。

その結果、「老後に住みたい都道府県」では全世代において沖縄県が1位を獲得した。

調査は5月21日〜5月27日にかけて、日本在住の20歳以上の男女1083人を対象にインターネットで実施。

753人から有効回答が寄せられた。

「老後に住みたい都道府県」において、全世代で第1位を獲得したのは「沖縄県」。

2位は40代以降は東京都(10代は北海道、30代は東京都と北海道)、3位は世代によって異なるが、北海道、東京、神奈川県が人気だった。

老後に住みたい都道府県として沖縄県を選んだ理由については、「のんびり暮らせそう」「落ち着いて暮らせそう」「リゾート感がある」といった「雰囲気」を重視する回答をした人が、20代で55.6%、30代では58.3%だった。

一方、60代以上においては「雰囲気」を重視した回答は12.5%に止まり、58.3%がその温暖な「気候」を理由に挙げた。

また、「沖縄県」ならではの理由として、「長寿の島」「長生きできそう」といった「健康」にまつわる理由、そして60代以上からは「原発がない」「放射能の心配がない」といった「原発」にまつわる理由が挙がった。

「老後に住みたい都市」では、沖縄県の「那覇市」が総合1位を獲得。

その理由として「おだやかな気候」「ゆったりとした雰囲気」が挙げられた。

2位以降は「東京23区」「札幌市」「京都市」「大阪市」「横浜市」。

各都市を選んだ理由を聞くと、「東京23区」を選んだ人は「便利な生活志向」、「札幌市」は「総合的な住みやすさ志向」、「京都市」は「文化的生活志向」、「大阪市」「横浜市」は「地元志向」というものが多かった。

【関連リンク】沖縄限定の住宅情報サイトがオープン - リマープロリタイヤ後の人生を充実させるための活動は「楽しみ」6割 - ソニー生命教育にいい街は吉祥寺、親しみやすい街は高槻に〜「街ランキング」公開