ダイヤモンド・ジュビリーを記念 ダイヤモンド4000個散りばめたシューズ

写真拡大

 パリ発の老舗ブランド「Roger Vivier(ロジェ ヴィヴィエ)」が、エリザベス女王2世即位60周年を記念して、4000個以上のダイヤモンドを散りばめたシューズ「A QUEEN FOREVER」を発表した。エリザベス女王2世の戴冠式の際に故ムッシュ・ロジェ・ヴィヴィエがデザインしたオリジナルシューズにインスピレーションを得て、クリエイティブディレクターBruno Frisoni(ブルーノ・フリゾーニ)がデザイン。6月28日よりロンドンで開かれるエキシビジョンで展示される。 ロジェ ヴィヴィエからダイヤモンドシューズの画像を拡大

 「A QUEEN FOREVER」は、エリザベス女王2世の即位60周年祝う「ダイヤモンド・ジュビリー」を記念して、女王のためにデザインされた特別なシューズ。ダイヤモンドや英国王室と歴史的に深い関わりを持つ東インド会社とのコラボレーションによって制作された。ブラックのサテンをシューズのベースに使用しており、インド有数の宝石商ギタンジャリが提供したブリリアントカットのダイヤモンドをセット。ピンヒールのストラップパンプスで、専門職人チームのハンドクラフトによりつま先の部分には漆黒のフェザーがあしらわれている。 「A QUEEN FOREVER」は、「Roger Vivier」のロンドンのショップで予約すると見ることができる他、6月28日から7月4日までの期間には、ロンドンで開催される格調高いマスターピースフェアの一環として、ダイヤモンドの「ブリリアントエキシビション」に出展される。■Roger Vivier URL:http://www.rogervivier.com/