保険の提案など可能、タブレット端末アプリ本格展開 - あいおいニッセイ同和

写真拡大

あいおいニッセイ同和損保は、顧客のリスク状況のチェックや、それに応じた保険の提案などができるタブレット端末向けアプリケーション「TOUGH PORTAL」(以下「タフ・ポータル」)の、代理店向け本格展開を開始した。

同アプリは、「提案アプリ」と、端末上で代理店の社員が264種類(6月1日現在)の募集ツールを検索・閲覧できる「保険カタログ・便利ツールアプリ」で構成。

「提案アプリ」では、自動車保険の加入や車両入替等についての「お得なアドバイス」、リスクチェックや保険提案、交通事故データやクイズなどを交えて同社保険商品の魅力を伝えるなど、顧客のリスクに応じて4種類のラインナップを提供。

また、外部の専門家によるリスクマネジメント解説動画や、警視庁・消防庁などへのリンクなど、従来の紙媒体では実現できなかった、プレゼンテーションの臨場感や納得感を高めることが可能になるという。

6月1日現在で「タフ・ポータル」のダウンロード数は1,000件を超えており、同社は、今後さらに普及を促進し、顧客満足度のさらなる向上を図っていくとしている。