ルノー、「メガーヌ」「トゥインゴ」などスポーツバージョン3車種を発売

写真拡大

ルノー・ジャポンは7月中旬、同社のモータースポーツ活動やスポーツモデル開発を担当するルノー・スポールが手がけたスポーツモデル3車種を発売する。

ルノー・スポールはモータースポーツ活動で培った技術をダイレクトにフィードバックした市販車を開発する部門。

今回発売される3車種は、「メガーヌ ルノー・スポール」「トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール」がそれぞれマイナーチェンジ、「ルノー メガーヌ エステートGT」が新規導入となる。

「メガーヌ ルノー・スポール」は現行モデルより15PSアップした265PSの2.0リットル直列4気筒DOHC16バルブターボエンジンを搭載。

6速MTとの組み合わせで迫力ある走りを実現する。

現行モデルが左ハンドルであったのに対し、新型は右ハンドルとなる。

「トゥインゴ ゴルディーニ ルノー・スポール」は134PSの1.6リットル直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載。

5速MT、左ハンドル仕様となる。

新規導入される「メガーヌ エステートGT」は、180PSの2.0リットル直列4気筒DOHC16バルブターボエンジンを搭載。

6速MT、左ハンドルで60台の限定販売となる。

いずれのモデルも詳しい仕様や価格は発表されていない。

ルノー・ジャポンではスポーツモデルを今後も積極的に導入していくとしている。