モフモフひつじの毛が刈り終わってスッキリ! -上野動物園

写真拡大

上野動物園の「子ども動物園」では、現在コリデール種のヒツジを4頭飼育。

コリデール種は、毛が生え替わることがなく伸び続けるため、暑い夏が来る前に毛刈りをする必要がある。

本年も5月初めから6月初めにかけて、3頭のヒツジの毛刈りを行った。

ヒツジたちに負担をかけないため、大きなバリカンを使って手早く刈らなければならない。

しかしながら、毎年「今度こそは!」と意気込みを見せながら挑むものの、担当者が替わってしまうことが多いため、なかなか上達しないという。

本場ニュージーランドのプロは、ヒツジをあおむけに寝かせ、1頭あたり数分で毛を刈ってしまうが、こちらはそうはいかず、最初の1頭は1時間20分ほどかかった。

しかし、3頭目になるといくらかスムーズにいくようになり、1時間弱で終了。

おとなのヒツジが短くなった毛でいるのに対して、今春生まれの子どもは毛を刈らなかったため、丸いシルエットでヒツジらしい姿をしていて、さわるとモフモフしてとても柔らかい。

同園では、「毛刈り後のすっきりしたヒツジたちと、モフモフの子どもに会いに来て、触ってみて下さい」と話している。