JALとANA、国際線機内でのWi-Fiサービス開始

写真拡大

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)はこのほど、国際線機内でのインターネット利用サービスを開始すると発表した。

JALは7月15日より順次展開。

ANAは2013年夏開始としている。

JALのサービスは「JAL SKY Wi-Fi」で、7月15日にまずニューヨーク線でサービスを開始し、以降シカゴ線・ロサンゼルス線・ジャカルタ線で順次展開していく。

対象はボーイング777-300型機のファーストクラスからエコノミークラスまでの全クラス。

利用料金は、1時間までの利用で11.95米ドル、24時間までは21.95米ドル(クレジットカード決済のみ)。

JALカード、JAL USA CARD、JAL・上海浦東発展銀行クレジットカードを利用すると割引がある。

ANAは、オンエア社のWi-Fiサービス「インターネットオンエア」を利用し、ボーイング777-300ER、767-300ERで運航する国際線機内においてインターネット利用が可能になる。

両社のサービス利用により、自身の端末からEメールの利用やインターネット閲覧、フェイスブックやツイッターなどソーシャルメディアのアップデートなどが可能になる。