岩本沙弓の”裏読み”世界診断 (15) 本当に消費増税は必要か? 「財政悪化で日本は破綻」という議論に待った!

写真拡大

日本銀行は6月19日に2012年1-3月期資金循環統計(速報)を発表しました(http://www.boj.or.jp/statistics/sj/sj.htm/)。

資金循環統計では、日本で経済活動を行う主体を5つ(金融機関、非金融法人、一般政府、家計、民間非営利団体)に分け、それぞれの金融取引やその結果として保有された金融資産・負債について、金融商品ごとに記録しています。

例えば国際収支ではモノやサービスといった実物取引を記載するものですが、資金循環統計では実物取引の裏側にある資金の流れや、実物取引とは独立した金融取引(借入れによる株式購入など)を扱うことになります。

経済主体ごとに眺めることで、それぞれの資産・負債などの数値、どういった資産運用・借り入れを行っているのか、などがわかります。

この統計をみれば日本の金融資産・負債の全体像を把握することができます。

そこで、資金循環統計に含まれている「金融資産・負債残高表」を非常に簡素化した形にしてみました。

残高ですから、これまで溜まりに溜まったそれぞれの資産と負債を示すデータです。

5つの経済主体、そして各項目も細分化されていますが、見やすいように大枠だけを抽出しています。

1〜5までが日本国内の全ての経済主体であり、各項目の残高が示されています。

メディアなどでは頻繁に「日本の個人の金融資産は1400兆円」といった見出しが登場しますが、この数字は家計部門(図中の家計4の枠)の資産残高合計として確認できます。

今回の速報では1513兆円に増えています。

そして、「政府の借金はとうとう1000兆円を超えた」というフレーズもよく見かけますが、これは一般政府(図中の一般政府3の枠)の負債残高の合計として確認できます。

速報値では1099兆円になっています。

意外と思われるかもしれませんが、これまで20年、日本の景気は悪い悪いと言われ続けてきた中でも実は家計部門の資産は増加してきた経緯があります。

もちろん、増え方に差はありますが、政府の負債ばかりが増えてきたわけではないのです。

(※日銀発表の資金循環表の政府の負債と財務省発表の政府債務残高は扱う項目に違いがあるため金額に差があります)「政府の借金1000兆円」にしても「個人の金融資産1500兆円」にしても、実は日本経済全体からみればほんの一部だけを取り上げただけの議論であることが、図表1から見てわかるかと思います。

「負債が1000兆円であるのに対し、資産が1500兆円しかないのでこの500兆円を食い潰せば日本は終わりだ」といった指摘がありますが、見ての通り政府にはかなりの資産があります。

一方、個人には住宅ローンなどの負債もあります。

そして、他の経済主体も存在しています。

したがって、統計の一部だけを取り上げての議論は非常に偏っていると言わざるを得ません。

資金循環統計をデータ元として政府負債1000兆円、個人資産1500兆円という数字を使うなら、部分的ではなく全体像を見て語るのが正確な分析であり、フェア(公正)であるはずです。

1〜5の日本国内の経済主体のそれぞれ資産と負債を全て合計すると、日本国全体では270兆円の余剰資金があることがわかります。

そしてこの余剰資金は海外へと貸し出されているのが6枠から確認できます。

少しややこしいかもしれませんが、6の枠は海外から見た資産と負債という区分けです。

つまり、海外勢が日本に持つ資産と海外勢が日本に負っている負債(=日本人が海外に持っている資産)となっていて、それを合算すると負債の方が大きくなっています。

この海外のマイナス(▼263兆円)と日本全体のプラス(△270兆円)は項目ごとの四捨五入の関係でズレはありますが、ほぼ一緒の数字となっています。