伊賀鉄道860系ついに引退! 7/8にダークグリーン塗装車”さよなら運転”実施

写真拡大

三重県の伊賀鉄道で活躍してきた860系が廃車されるのを受け、7月8日に伊賀鉄道友の会主催で「860系車両さよなら撮影会&さよなら運転」を実施する。

伊賀鉄道では同車両の引退記念グッズも発売する。

860系は1984年、伊賀鉄道の前身・近鉄伊賀線に4編成が導入された。

近鉄奈良線820系の車体に、近鉄南大阪線6800系の狭軌台車と主電動機を組み合わせた車両だった。

その後、近鉄田原本線で活躍した820系3編成も改造された上で860系として伊賀線へ移籍。

2007年に伊賀鉄道が設立された後も活躍は続いたが、2009年以降、200系車両の投入とともに廃車が進み、最後まで残った2編成(ダークグリーン塗装車とマルーンレッド塗装車)も現在は定期運用から離脱。

ともに上野市駅の側線に留置されている。

7月8日に行われるイベントでは、10時より伊賀鉄道上野市車庫にて、860系ダークグリーン塗装車のさよなら撮影会を開催。

会場では、「860系さよなら記念入場券セット」などの記念グッズや、懐かしい昭和グッズの販売もあるという。

同日には、860系ダークグリーン塗装車によるさよなら運転も実施。

上野市〜伊賀神戸間を臨時列車として1往復(上野市駅13時17分発、伊賀神戸駅13時54分発)運転する予定で、上野市駅のホームでは出発式も実施し、マスコットキャラクター「ふくにん」が出発合図を行うという。

臨時列車に乗車するには、「伊賀鉄道一日フリー乗車券」(大人700円、小児350円)の購入が必要。

車内では「さよなら列車乗車証明書」が1人1枚配布される。

伊賀鉄道では860系の引退を受け、記念乗車券セット(1セット2,000円)や伊賀焼皿(1枚1,000円)、定規(500円)をはじめ記念グッズも販売。

7月1日には、上野市駅にて860系の「鉄道コレクション(鉄道模型)」も発売する。

ダークグリーン塗装車とマルーンレッド塗装車を精巧に再現しており、価格は各1セット2,200円。

さよなら運転で取り付けるヘッドマークなどをデザインした「860系引退記念シール」(200円)も同時発売される。