新垣結衣、『24時間テレビ』に初参加 - 「この場にいることが不思議」

写真拡大

8月25、26日放送の日本テレビ系『24時間テレビ35 愛は地球を救う』の公開制作発表が26日、東京・汐留の同局で行われ、嵐、新垣結衣、佐々木健介、北斗晶が出席した。

1978年の放送開始以来、今年で35回目の放送を迎える日本テレビのチャリティー番組『24時間テレビ』。

今年は”未来”をテーマに、日本のリアルな現実を浮き彫りにしながら、未来志向の24時間テレビを目指す。

東京・日本武道館をメイン会場に、日本各地の映像や大型中継企画など、様々なコーナーを放送していく。

2004年、2008年に続いて、3度目のメインパーソナリティーを務める嵐の櫻井翔は「オリンピックイヤーに関わらせてもらっているので、一緒に熱い夏にしたいです。

また、僕たちも年齢を重ねてきているので、過去2回とは違う24時間テレビになればと思いますね」と気合十分。

一方、チャリティーパーソナリティーを務める新垣は「24時間丸々かけて伝えるのは大掛かりというか特別なことですよね。

今までは見ている立場でしたので、この場にいることが不思議です」と緊張した面持ちで話し、「未来という目に見えないものがテーマ。

未来に進む力を視聴者に与えられるような番組にしたいと思います」と意気込んだ。

この日登壇したゲストは、嵐の大野智と現代作家の奈良美智がコラボレーションした『チャリTシャツ』を登壇者全員が着用。

「可愛いですよね。

袖を通すとドキドキしちゃいます。

今もドキドキしていますよ」と話す新垣に「誰が一番格好良い?」と問われて「羽鳥さん!」と回答。

すかさず「皆さん似合っていますよ!」とフォローして事なきを得た。

そのほか番組には、番組パーソナリティーとしてタカアンドトシ、チャリティーマラソンとして佐々木健介と北斗晶の家族が登場。

総合司会には2年連続の羽鳥慎一フリーアナウンサー、初の鈴江奈々日本テレビアナウンサーが務める。