脱出成功確率はほぼ0%! 富士急ハイランドに新迷宮アトラクション

写真拡大

富士急行は7月28日、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に新脱出迷宮アトラクション「絶望要塞」を開業する。

同アトラクションは、”迷宮”と化した巨大な要塞からの脱出を試みるミッションクリア型のウォークスルーアトラクション。

脱出成功確率は、「限りなく0%に近い数字を目指している」(同社)。

ゲストは完全脱出を目指し、要塞内の無数のドアと廊下と部屋からなる迷宮や厳重なセキュリティ、限られた時間との戦いに挑む。

要塞内はいくつものステージに分かれており、ステージが進むにつれてその難易度は増していくという。

各ステージには「隠された手がかり」や「どこにあるか分からない扉」など様々な罠や仕掛けが散りばめられており、闇雲に進むだけではクリアできず、知恵や記憶力、体力、想像力、そして運を駆使した人だけが「脱出成功者」になれるとのこと。

なお、脱出成功者には景品を用意する予定。

延べ床総面積は約3,300平方メートルで、同園にある巨大お化け屋敷「最恐戦慄迷宮」をも上回るという。

料金は800円(フリーパス利用可)。

利用は小学生以上が対象で、小学生は中学生以上の大人の同伴が必要。

所要時間は約30分〜。