「おなはま海遊祭」など、福島・宮城・岩手の被災3県の夏祭りが2年ぶり再開

写真拡大

2012年3月に「被災地を広報で応援し、復興支援の一助を担う」ことを目的に発足した復興支援PRプロジェクトは、今夏、被災3県の各地の夏祭りが2年ぶりに開催されることを受け、再開される各地の夏祭り情報を発表した。

福島・宮城・岩手の被災3県においては、2011年3月に発生した東日本大震災の影響で昨年は中止する夏祭りが相次いだ。

しかし2012年の夏は各地で夏祭りが再開予定。

直接的な地元への経済効果はもちろんのこと、県外からの訪問は地元にとって大きな励みになるなど、復興への大きな力になることが期待されている。

8月4日・5日に福島県いわき市で開催。

いわき花火大会のプレイベントとして1986年から始まった参加型の海のイベント「おなはま海遊祭」では、海上でキッズボートやジェットスキーなどの無料体験乗船、ジェットスキーのアクロバットショー、陸上ではステージショーや物産展など、海上・陸上それぞれにてイベントを実施。

また4日夜には、音楽と花火のコラボレーションを特徴とする東北屈指の花火大会「いわき花火大会」が開催される。

8月3日・4日に岩手県大船渡市で開催。

海上七夕船上での歌謡ステージ、特設ステージでの郷土芸能披露などに加え、大船渡湾内の船上から打ち上げられる迫力ある花火大会が人気のイベントとなっている。

8月11日・12日に宮城県気仙沼市で開催。

航海の安全と大漁を祝う気仙沼地方最大のまつりと知られ、初日は気仙沼湾で花火大会や、きらびやかな台船などが海を回る「海上うんづら」、2日目はメーン会場での街頭パレード、気仙沼の踊り「はまらいんや踊り」が予定されている。

今年はメーン会場をやや内陸の田中前大通りに移して開催される予定だ。

【関連リンク】三陸鉄道島越駅再建へ、旅行代金を一部寄付するツアー - クラブツーリズム申込み1件につき300円を復興支援に〜宅配買取「NET OFF」を応援-ディノス8月11日、追悼と復興の花火大会「LIGHT UP NIPPON 2012」を開催