学生の4割強が「学校にもドッグセラピーを」 - 愛犬との絆に関する調査

写真拡大

ペットラインは2012年5月17日〜5月23日に、室内で犬を飼っている20歳以上の男女を対象に「愛犬の健康と愛犬との絆に関する調査」を実施。

ドッグセラピーに関する興味深い結果が明らかとなった。

同調査はネットエイジアの協力のもと、インターネットで実施。

2,000名の有効回答が寄せられた。

「ドッグセラピーによる癒やし」がより普及してほしいと思う場所やシーンについて質問したところ、「高齢者介護施設」という回答が65.0%でトップ。

次いで「病院」が59.9%、「高齢者の単身生活支援」が41.9%、「更生施設」が41.3%、「自然災害等による被災地域支援」が32.9%、「動物カフェ等の身近な店舗(犬カフェ等)」が30.9%、「学校」30.6%、「観光施設(犬とふれ合えるイベントやテーマパーク等)」が30.4%という結果になった。

内訳を見てみると、「動物カフェ等の身近な店舗(犬カフェ等)」と回答した人は女性20代、30代で多かった(女性20代39.1%、30代37.5%)。

さらに「学校」と回答した人は、学生が多く41.4%。

他の職業の人より多く挙がり、学校でドッグセラピーを望む学生が多いことが分かった。

また、「職場やオフィス」については、有職者の20.7%がドッグセラピーによる癒やしがより普及してほしいと考えていることも分かった。

女性有職者では26.0%と男性有職者より10ポイント近く高い結果となり、働く女性の4人に1人が職場やオフィスにセラピー犬を望んでいる様子がうかがえる。

【関連リンク】愛犬の美容と健康を考える! 「PET-SPA 調布仙川店」がオープンペットの浴衣も!?2012年夏の新作ペットウエア特集開催 - スーパーデリバリー愛犬・愛猫がカレンダーに! -「365(サンロクゴ)カレンダー」愛犬と一緒に介助犬を応援!「介助犬応援団カレンダー」ワンちゃん募集