子育てを考えた住まい選びで重要な条件とは? - アットホーム調べ

写真拡大

不動産情報サービスのアットホームは6月1日〜3日、1都3県在住で3〜12歳の子どもを持つ親600名を対象に子育て世帯の住まい探しの実態調査を実施した。

現在の住まいは子育てを考慮して選んだか聞いたところ、56.3%の人が「はい」と回答。

中でも、持ち家は63.3%で賃貸を14ポイント上回り、意識の高さがうかがえる。

子育てを考えて住まい選びをする際に重要だと思う条件は、「日当たり・風通しが良い」がダントツの1位。

次いで「収納が多い」「耐震性が高い」と続いた。

また、重視する住環境としては、男女ともに「治安が良い」がやはりダントツ。

次いで「スーパーなど買い物施設が近い」「病院が近い」と続いた。

子育ての視点での住まいの満足度は、「大変満足」と「やや満足」を合わせると74.2%に。

持ち家と賃貸を比較したところ、持ち家の満足度が約20ポイント上回る結果になった。

満足している理由としては、「周辺環境や住まいの部屋数、構造などさまざまなことを吟味した」といった、子育てを考慮して多くの点に気を配った様子がうかがえたという。

一方、満足していない理由としては、「車の交通量が多い上に歩道が整備されていないので、子どもが危ない」「治安が悪い」など周辺環境のマイナス面が影響。

同社では、子育ての観点で住まいの満足度を高めるには、周辺の教育施設も重要なポイントになるのではと分析している。