日本興亜損保と損保ジャパン、「ミャンマーの物流事情」セミナーを7/12開催

写真拡大

日本興亜損保と損保ジャパンは、アジアに進出する企業(メーカー・商社等)を対象とした、「ミャンマーの物流事情」をテーマに7月12日にロジスティクスセミナーを大阪で開催する。

民主化が進展し、豊富で安価な労働力と将来性豊かな市場性から、急速に関心が高まっているミャンマー。

セミナーでは、港湾事情(ヤンゴン港周辺の港湾事情、国内物流網、ミャンマーの輸出入通関手続等)、国内物流網、輸出入通関手続きを中心に、物流・ロジスティクスに関する研究・調査・提案の分野で豊富な実践的経験と独自のノウハウを持つ日通総合研究所の細山田優コンサルタントが講演を行う。

今回のセミナーは、顧客サービス強化の一貫として実施するもので、両社は今後もこれまでに培ったノウハウと豊富な経験および高い専門性を活用し、高品質なサービスの提供に務めるとしている。

日時:7月12日 14時〜16時会場:損保ジャパン道州町ビル6階会議室 大阪市中央区道州町3−4−10定員:120名参加資格:海外進出企業や商社およびこれらの企業と関係のある保険代理店申込締め切り:6月29日まで参加費用:無料申込先:日本興亜損害保険 本店損害サービス部マリン損害室 関西オフィス TEL:06-6449-7627 FAX:06-6449-7632、損害保険ジャパン 企業サービスセンター部 大阪海上サービスセンター課 TEL:06-6227-4479 FAX:06-6204-0197