外出先から携帯で家電制御や玄関ドア施錠が可能、新分譲マンション受付開始

写真拡大

NTT都市開発と三菱地所レジデンスはこのほど、東京都千代田区に建設中の分譲マンション「ウェリスタワー千代田岩本町」(総戸数120戸)について、1期75戸の登録受付を開始した。

同マンションは、NTTグループ各社との連携により、省エネシステムや防災・環境に配慮した設備仕様を導入したという。

販売価格帯は2,700万〜8,900万円。

所在地は、東京都千代田区岩本町1丁目8番(地番)。

東京メトロ日比谷線小伝馬町駅(徒歩2分)や銀座線・半蔵門線「三越前駅(同8分)など、地下鉄やJRの9駅10路線が徒歩10分圏で利用できる。

構造は鉄筋コンクリート造、地上23階・地下1階建て。

間取りは1LDK〜3LDKで、住居専有面積は31.72?〜83.67?となる。

NTTドコモの住宅向けホームサーバー「ケータイホームシステム」を採用。

これにより、外出先から携帯電話で家電の制御や玄関ドアの施錠(電気錠)の遠隔操作などが行える。

なお、同システムはauやソフトバンクでも利用できる。

併せて、NTTファシリティーズの「電力提供サービス」を導入。

マンション全体で電力を一括購入して各家庭に分配することで、電気料金が通常より最大5%安くなるという。

このほか、「電力見える化・デマンドレスポンスサービス」などのスマートサービスも利用することが可能。

丸の内や日本橋といったショッピングエリアが生活圏となるほか、マンションの周辺にも商業施設や医療施設・文化施設などが立地。

また、同マンションが位置する千代田区は、2011年度より、既存の「こども医療費助成」制度と合わせて、高校生(18歳)まで健康保険診療の自己負担分を助成する「高校生等医療費助成」制度を導入するなど、子育て支援サービスが充実しているという。

セキィリティや防災にも配慮しており、建物入口から住戸まで4重のセキュリティシステムを採用したほか、AED(自動体外式除細動器)や防災倉庫、災害用マンホールトイレ、非常用かまど、災害時に受水槽内の水を飲み水に変える造水機、非常用発電機、ソーラー街灯を完備した。

食器洗い乾燥機は標準設備となるほか、ディスポーザー(生ゴミ処理機)、ガス・給油の使用量が見えるエネルックリモコン、電動レンタサイクル(4台)を導入。

さらに、敷地内には電気自動車の充電スペースが設置されている。

駐車場は34台。

竣工時期は2013年5月下旬(予定)、引渡し時期は2013年8月上旬(予定)。