全国のパソコンで仕事をする君たち、メガネの2個持ちはいいぞ - 中川淳一郎

写真拡大

よっぽどオレ(中川淳一郎)はパソコンのモニターばかり見ていると思われているのだろうか。

メガネブランドのJINSの広報担当者から「よっよっ、アンタ、普通のメガネだったら目が疲れるだろうから、ウチのPC作業用メガネつけてみんしゃい」となぜか語尾だけ九州弁で言われたので「JINS PC」というメガネの使用感を報告するぞ。

冒頭の「よっぽどオレはパソコンのモニターばかり……」のくだりだが、朝7時から18時まで月火木土日はPCの前にいることが多く、水曜日は7時から20時、金曜日は7時から22時までPCの前でニュースの編集をしたり原稿を書いたりしているからけっこう多い方かもしれない。

あと、移動する時は大抵ニンテンドーDSで「DS三国志III」をやっているからこれまたモニターはよく見ている。

今、「劉禅」でプレイしているが、少ない人材をなんとかやりくりして魏と呉の巨大勢力に立ち向かうというのは、ドM感100%で楽しいものだ。

そんなことはどうでもいいのだが、PCのモニターから出てくるブルーライトとやらから目を守るというこのメガネ(JINS PC)だが、まずはJINSの店で視力の測定をすると、以下のような診断結果となった。

  SPH  CYL  AXIS  P.D.  V右 -2.75 -0.75 175  31.5  1.0-1.2左 -2.75 -1.00 180  31.5どうやらSPHとかいうのが視力と関係しているようだ。

19年前に作ったメガネのSPHは右が「-3.5」で左が「-3.0」だ。

数値が低いほど視力は悪いそうだが、今の方が低い。

おやおや。

店長に「今の方が昔より視力悪いってことですか?」と聞いたら「今の目の状態でベストなのはこれという意味で、PCを使う前提に立った場合のベストな値がこれなんです」との回答。

明るい部屋でPCのモニターを見る時はこの値が良いようだが、外に出る時や夜などは普段使っているメガネの方がしっくりくるとのことだ。

そんなわけで、実際にJINS PCを使ってみた第一印象は「ちょっと薄暗いな……」ということである。

薄いブラウンのレンズなだけにそれは当たり前なのだが、一瞬「お前、スカしてサングラスかけてるんじゃねぇよ」とオレの隣で仕事をしているアルバイトの男性から言われないかと心配になるくらい色が付いている。

ただ、作業を進めていくとその薄暗さに少しずつ慣れていき、使い始めてから1週間も経つと、違和感は完全に消えた。

目が疲れないかと言われたら「なんとなくラクな気はする」という感想。

あとは昔から目が疲れた時に冷たい缶ビールなどを目に押しつけ冷やすというプレイをオレはよくするのだが、ここ1週間ほどはそれを特にしていない。

つまり、「多分いいんだろうな」と。

そして、そこからさらにもう一週間使ったのだが、不思議なことに、「PCに向かう場合は必ずPC用のメガネを使う」という癖がついたのである。

「自分のライフスタイルは変えないぞ、この野郎」という思いは常にあったものの、なんと「メガネを仕事とそれ以外で分ける」というライフスタイルになったのだった。

また、「メガネを普段の時とモニターを見る時と使い分ける」ということは今回生まれて初めての経験だったが、これの利点にはすぐに気付いた。

それは「キレイなレンズでモニターを見ることができる」というもの。

いかんせん普段からかけているメガネは、レンズに傷がつきまくるのである。

外に出れば突風が吹いた時に砂利などがレンズに当たることもあれば、雨の中でレンズがビショ濡れになることもある。

相当過酷な条件に我がメガネ君はいたわけだが、モニターを見る時専用メガネはいわば「温室育ち」のおぼっちゃんでレンズに傷なんてついていない。

この差はでかい! オレの普段のメガネのレンズはもはや傷だらけ、コーティングも剥げているし、まぁ、見づらいのだ。

新しいこともあるが、とにかく「JINS PC」越しのモニターは見やすい。

PCこそ我が生活を支えてくれる大切な仕事道具である。

せめて、PCのモニターに向かい合う時くらいは、傷がついていない「おぼっちゃんメガネ」によって、バシバシお金を稼いでもらおうと考えた次第である。

「メガネの2個持ち」――オンオフの切り替えがけっこうできていい。

別に言われて言っているわけじゃないが、オレはそう思ったぞ。

追伸:この原稿を書いている最中に、クリアタイプのレンズも出たとのニュースが! こっちなら“グラサン”っぽくもなく、まったく普通のメガネと同じである。

いやしかし、オレはもうこっち(ブラウン)ですっかり慣れてしまったので、いいのだが。