「子ども部屋」がある世帯、”持ち家”は76%・”賃貸”は31%で45ポイントの差

写真拡大

アットホームはこのほど、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住で、3〜12歳の子どもを持つ親を対象に実施した「子育て世帯の住まい探しに関する実態調査」の結果を発表した。

同調査は、6月1日〜3日の期間にインターネット上で行われ、600名(男女各300名)から有効回答を得た。

住居形態は持ち家、賃貸各300名。

まず、子育てを考慮して住まいを選んだかと聞いたところ、全体の56.3%が「はい」と回答。

詳細を見ると、持ち家居住者は「はい」が63.3%と、賃貸居住者の49.3%を14ポイント上回った。

子育ての視点での住まいの満足度については、「大変満足」と「やや満足」の合計は74.2%。

居住形態別では、持ち家は84.0%と、賃貸の64.3%より19.7ポイントも満足度が高い。

子育てを考慮して、今後住み替える予定があるかとの問いに対しては、31.3%が「はい」と回答。

中でも、賃貸居住者の半数以上となる52.3%が「住み替えの予定がある」と答えた点が目を引く。

子育てを考えて住まい選びをする際、重要だと思う条件を質問したところ、「日当たり・風通しが良い」が80.5%と断トツの1位に。

以下、「収納が多い」48.7%、「耐震性が高い」48.5%、「防音に優れている」41.7%、「キッチンからリビングの様子が見渡せる」38.2%、「セキュリティが強い」33.7%、「駐車場がある」32.5%、「子ども部屋がある」22.7%と続いた。

子育てを考えて住まい選びをする際、重視する住環境として、最も多かったのは「治安が良い」で83.2%。

次いで、「スーパーなど買い物施設が近い」55.8%、「病院が近い」42.2%、「公園が近い」34.3%、「魅力的な小・中学校が学区内にある」33.5%となった。

「子育てを考えて重要だと思う住居の条件」において7位に入った「子ども部屋」。

対象者に対し、実際に子ども部屋はあるかと尋ねたところ、全体の53.5%が「はい」と答えた。

しかし、住居形態別では、持ち家の76.0%に対して賃貸は31.0%と両者の間で45ポイントもの差が生じる結果となった。

続けて、子どもが「就学しているか」と「子ども部屋の有無」の関係を調べてみると、未就学の子どもで「子ども部屋がある割合」は33.9%だった一方、就学している子どもでは62.7%に上った。

現在、実家の近くに住んでいる人は38.3%、住んでいない人は52.7%だった。

また、現在、実家の近くに住んでいない人で、「実家の近くに住めば良かったと思ったことがある」人は半数近くの45.9%に上り、男女別では女性(52.4%)の方が男性(38.5%)より13.9ポイントも高いことが判明。

さらに、子供の人数別に見た場合、「(子ども)2人以上」で「実家の近くに住めば良かったと思ったことがある」人は過半数の53.1%を占めた。