ラングテック、中高生の英作文学習を支援するサービスを開始

写真拡大

ラングテックは、中学・高校英語の文を高品質に翻訳できる日英翻訳エンジン「Laurel」を開発。

同エンジンを用いたインターネット上の英作文学習支援サービスを6月20日から開始する。

同社は新潟大学発のベンチャー企業であり、現・新潟大学名誉教授でもある同社の社長・宮崎氏が取り組んできた日本語処理などの基礎研究の成果を製品化するために設立された。

同エンジンは、既存の翻訳ソフトではうまく翻訳できないことのある中学・高校英語の文に着目。

表現が多様で微妙なニュアンスをもつ文や、日本語的発想で書かれ、日英間で文構成要素間の対応がとれない日本語文に対しても、細かな点にも気を配ることで高品質な翻訳を可能としているという。

また、同エンジンを組み込んだ英作文学習支援サービスでは、翻訳過程の可視化や訳文生成過程における構文選択など、従来の翻訳エンジンにない機構も組み込んでいる。

「なぜそのような訳文が出力されたのか」「日本語文に多い省略要素をどのように補完したのか」なども提示され、学習を支援するとのこと。

6月20日からは無料の試行サービス、8月下旬から有料の本サービス開始となる。

個人向け、教育機関向け、企業・団体向けの3つのサービスが用意され、価格は個人向けが年額18,000円、教育機関向けには複数IDによる割引もある。