ミクロの世界が楽しめる! 拡大倍率最大140倍のデジタル顕微鏡を発売

写真拡大

パソコン周辺機器の通販サイト「サンワダイレクト」では22日、電池式のデジタル顕微鏡「デジタル顕微鏡400-CAM015」を発売した。

新聞などの文字を見やすくするルーペとしてや、植物・昆虫の観察用としても使用でき、さまざまな倍率で撮影が可能。

販売価格は7,980円で、サンワダイレクトのみの限定販売。

同製品は、3.5倍から最大140倍まで拡大が可能。

ルーぺとしての使用や、植物の細かな観察・肌の状態の美容チェックなど、ミクロの世界を楽しめるという。

スコープとしてのぞくにとどまらず、通常写真撮影のほか、3枚連続撮影、動画撮影ができ、被写体にあわせた撮影方法が選択可能。

2.4インチ液晶画面を通じて、その場で確認しながら撮影できるとのこと。

また、50度の傾斜が付いているため見やすく、レンズにはLEDライトが4つ内蔵しているため、明るく撮影できることも特長。

サイズはW73×D54.5×H96.5mm、重量は96gとコンパクト。

電源も電池式でネックストラップが付属しており、屋外でも使いやすいという。

なお、小さな被写体の撮影に最適な観察用ケースが付属する。

センサーは130万画素CMOSセンサー、記録メディアはSD、SDHC対応に対応する。

USB接続でパソコンへの画像転送も簡単に行えるとのこと。