雷や花火の音にビックリ! 夏場は、ペットの迷子にご用心 -アニコム損害保険

写真拡大

アニコム損害保険は、2010年4月1日から2012年3月31日までの間に、同社の迷子捜索サポートサービスに寄せられた捜索依頼の情報をもとに、ペットの迷子に関する調査、集計を行った。

対象件数は176件。

迷子捜索サポートサービスは、同社に契約している動物が迷子になった場合、捜索のためのアドバイスや、捜索サポートマップへの掲載、迷子発生地域の捜索隊への捜索依頼のメール配信などで、迷子捜索の手伝いをするサービス。

動物種別の発生件数は、犬が111件で猫が59件だった。

これは、同社損保に契約している犬の迷子が10,000頭に約3頭の割合で発生しているのに対し、猫の迷子は10,000頭に約16頭の割合となり、猫の迷子が犬の約5倍以上の割合で発生していることがわかる。

また、迷子のうち62.5%が無事に飼い主の元に戻っている一方で、交通事故で死亡している状態で発見されたという痛ましい報告も2.3%あった。

月別に発生件数を集計したところ、8月、9月に多く発生していることがわかった。

犬の場合は、「雷の音に驚いて逃げてしまった」「花火大会の花火の音に驚いて逃げてしまった」など、大きな音に驚いて迷子になってしまったという事例が多く見られた。

今年は、例年よりも雷が多く発生しているので、十分な注意が必要だ。

猫の場合は、窓や網戸を自分で開けて逃げてしまったというケースが見られる。

窓にはカギをかける、網戸ストッパーを利用するなどの対策を行うと安心できる。

季節を問わずに、犬の迷子で多く見られた事例は、「散歩中に逃げてしまった」「庭につないでいたら逃げてしまった」。

首輪やリードが切れてしまったり、留め金が外れてしまったことなどが原因であることも多く、定期的にリードや首輪が傷んでいないか、留め金はきちんと留まるかなどを確認するようにしたい。

猫の場合には、玄関や窓の隙間から出ていってしまった事例が多く見られた。

飼い主が玄関を出入りする際にすり抜けてしまわないよう、十分な注意が必要になる。