【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「オバケのQ太郎 ワンワンパニック」

写真拡大

●地獄面が極悪!

(画像:YouTubeより)
©BANDAI

「オバケのQ太郎 ワンワンパニック」は1985年にバンダイからファミリーコンピュータ版としてリリースされたアクションゲームです。

基本面は横スクロールのアクションゲームで、主人公のQ太郎
は犬の攻撃をかわしながら各面のアイテムを手に入れてゆくという流れになっています。

攻撃手段としてガウガウ砲が使用可能になったり、空を飛べたりしたりしますが、ゲーム自体の難易度がかなり高く残機フリープレー設定の裏技があるにもかかわらず、全面クリアは困難を極めました。

さらに落とし穴に落ちると「地獄」に落ちます。その地獄面をクリアするのもかなりの難易度なので初心者だとゲームがハマリに近い状態になってしまいます。
●FC オバケのQ太郎 ワンワンパニック/Obake No Q Tarou 1Loop CLEAR1/2


本作を開発しているのは株式会社トーセ。実は株式会社トーセは株式上場企業であるのですが、開発している殆どのゲームソフトのタイトルすら非公表です。

※新日本企画(SNK)の「サスケVSコマンダー」等は判明しています。

ちなみにあのドラクエシリーズの一部も担当しているらしいですが、その全容が掴めていないようです。


【ライター:清水サーシャ】