AIU保険、サイバー攻撃の初期対応支援でCDIと業務提携

写真拡大

AIU保険は、5月17日に販売を開始した個人情報漏洩保険の「サイバー攻撃対応費用特約」の契約者がサイバー攻撃を受けた際の初期対応の支援を目的として、情報セキュリティの専門会社であるサイバーディフェンス研究所(以下CDI)と業務提携契約を締結したことを発表した。

同特約は、個人情報漏洩が発覚する前のサイバー攻撃を受けた段階から補償を開始し、セキュリティ専門機関による迅速な初期対応をサポートすることにより、情報漏洩、信用失墜、システム停止などの被害を抑え、賠償リスクの軽減を図るというもの。

今回の提携により、顧客が被害に遭った際には同社がCDIを紹介し、初期の「ダメージコントロール」を支援、被害の最小化と速やかな復旧、賠償リスクの軽減が確保されるとしている。

CDIが提供する初期対応は、被害状況の把握、証拠保全、被害拡大防止、保全された証拠の調査(デジタル・フォレンジック)の4つ。

なお、AIU保険が認定した、CDI以外のセキュリティ専門機関についても特約の補償対象とする。

AIU保険は、多様性を増すサイバー攻撃のリスクに対して、リスクマネジメントに役立てるよう保険会社としての社会的な責任を果たしていくとしている。