【男性編】祝日になったらうれしい日ランキング


もっと休みが欲しいよね





日本の祝日は年間15日。世界の国に比べて多いという話も聞きますが、本当でしょうか? 欧米諸国では、祝日以外にも休暇がたくさん! 長期休暇をとっても、白い目で見られることもありません。今回は、祝日になったらうれしい日について調査。マイナビの男性会員303名に協力していただきました。





Q.祝日になったらうれしい日を教えてください(複数回答)

1位 12月24日&25日 クリスマスイブ&クリスマス 21.0%

2位 6月10日 時の記念日 18.0%

3位 8月15日 終戦記念日 11.4%

4位 7月7日 七夕 10.3%

5位 2月14日 バレンタインデー 9.7%







■12月24日&25日 クリスマスイブ&クリスマス

・「割と景気がよくなりそうだから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「毎年、仕事が入ってしまうので、休みになるとうれしいです」(38歳/通信/技術職)

・「出勤途中にいちゃつくカップルを見るのはイライラしてしまうので、休日だとうれしいかも」(28歳/情報・IT/技術職)

・「家族でゆっくり過ごしたいから」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「会社で働いているみんなもクリスマスに働くのはやぼだなと思っているにちがいないし、連休が増えるので」(27歳/その他/事務系専門職)





■6月10日 時の記念日

・「バランス的に6月にも祝日がほしいから」(21歳/学生)

・「6月は祝日がないので、GWから海の日まで働き通すのはキツイ」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「時間を大切に」(26歳/情報・IT/技術職)

・「6月には休日がないし、『時の記念日』って『海の日』と同レベルだと思う」(53歳/ソフトウェア/事務系専門職)





■8月15日 終戦記念日

・「日本の節目になった1日だから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「日本を考えるいい機会」(29歳/金融・証券/専門職)

・「あの戦争で戦った先輩たちのおかげで、今の平和があることを忘れてはいけないと思うから」(28歳/食品・飲料)





■7月7日 七夕

・「気分的にロマンチック」(30歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ちょっと涼みたいから」(29歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「ゆっくりと空でも見上げたい」(45歳/自動車関連)

・「夢がある」(25歳/建設・土木/事務系専門職)





■2月14日 バレンタインデー

・「平日にバレンタインやクリスマスがあるのがつらい。関係ないので。休みにしてほしい」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「休日になったら、カップルにうれしい」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「会社でイヤな思いをしなくて済むので」(29歳/情報・IT/技術職)





■番外編:祝日が増えてもうれしくない!?

・「全部、祝日になってくれればうれしい」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「祝日が忙しいので、逆にこれ以上、増やしてほしくないです」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「祝日も関係なく働くから、いつでも構わない」(22歳/団体・公益法人・官公庁)





総評

「12月24日&25日 クリスマスイブ&クリスマス」がトップです。天皇誕生日が12月23日のため、クリスマスと合わせて連休がとれるというメリットを指摘する意見もありました。





2位は「6月10日 時の記念日」がランクイン。6月が祝日皆無月だからという意見が多数でした。3位は「8月15日 終戦記念日」。日本の歴史を振り返る機会として、祝日にすべきという意見が多数を占めました。





4位は「7月7日 七夕」です。イベントだからという意見はもちろん、夏バテ防止の意味合いでの支持が多く見られましたね。5位は「2月14日 バレンタインデー」。出勤するのがつらいから祝日にしてほしいという、さみしい意見が多かったです。





サービス業の人たちからは、祝日は増えても増えなくても自分には関係ないという、仕事の忙しさを嘆く声が。とはいえ、祝日を増やしてほしいというのが多くの人の願望。どんな日であれ、もっと祝日が増えるといいですね。

(文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)





調査時期:2012年4月26日〜5月9日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性303名

調査方法:インターネットログイン式アンケート