NKSJホールディングス社長
櫻田謙悟
1952年、東京都生まれ。都立石神井高校、早稲田大学商学部卒。78年安田火災海上保険(現・損害保険ジャパン)入社。2000年統合企画部長、05年執行役員金融法人部長、07年取締役を経て、10年社長就任。12年持ち株会社・NKSJホールディングスの社長に就任。

写真拡大

■聖域なきコスト削減で合併効果を出す

――NKSJホールディングスは傘下の損保ジャパンと日本興亜損保を2014年度上期に合併することを決めた。なぜ当初の2社による「1プラットフォーム、2ブランド」を転換したのか。

櫻田 2008年のリーマン・ショック、その後の東日本大震災、また、ギリシャの債務不履行問題に端を発した欧州金融危機など、目まぐるしく経営を取り巻く環境は変わった。11年11月には、タイの洪水被害による保険金の支払い、法人減税による繰り延べ税金資産の取り崩しなど、危機感が非常に高まり、今までの体制から一歩踏み込もうという機運になった。共同本社という形もありえたが、その先を考えざるをえず、このままでは、前に進めないと判断した。統合から2年、結果的に2社の合併を決断したが、ステークホルダーの理解を得るために必要な時間だったのではないかと思う。

――今回の合併では、新会社の名前を「損害保険ジャパン日本興亜」とし、社長にはニ宮雅也・日本興亜損保社長が就任予定だが、日本興亜に配慮したのか。

櫻田 2社が合併するわけだから、両社の価値が毀損するということがあってはならない。私がホールディングスの社長に就任し、グループ代表を務める。二宮さんも事業会社の社長をしっかり担ってもらう。これは戦略的にも正しい判断だと思う。

また「損保ジャパン」という会社名は、認知度が97%もあり、日本興亜損保にしても、90%以上の認知度がある。「NKSJ損保」になったら、認知度は3%程度しかない。ならば、新しい社名にするよりも、認知度の高い社名をつけることのほうがメリットはあると判断した。

――2社の合併を行うからには、どのような合併効果を想定しているのか。

櫻田 細かい数字は現在、精査している。ワンブランドになるので店舗コスト、システム統合など確実に経費の圧縮はしやすくなる。今後もコスト削減には聖域なく取り組んでいく。

合併で何よりも期待しているのは、課長職以下の若い社員が大きなフィールドで勝負するとなれば、まったく違うポテンシャルを引き出すのではないかということ。そうなれば目標の一番目に掲げた「お客さま評価日本一/NO.1」を目指す勢いも違ってくる。実際に「これでやるべきことがわかった」という若い社員たちの声には勇気づけられる。

そのためにも人事はオープンでフェア。要するに公平な人事をする。日本興亜出身だから、損保ジャパン出身だからという人事はしない。できるだけ早く制度設計して、共通の物差しで人物評価できるようにする。

――単体としては、東京海上日動火災を抜いて、規模等で、業界のトップになる。リーディングカンパニーとしてどんな会社を目指すのか。

櫻田 世界に伍して戦うための「5つの挑戦」を掲げているが、「お客さま評価日本一/NO.1への挑戦」をいかに早く実現できるかだ。これからの損保は、サービス産業に進化すべきだ。単なる「損害保険」の枠を超えて、さまざまなサービスを提供することによって、少子高齢化を迎えて、国内マーケットが全体として縮小していく中で、成長シナリオを描けると考えている。NKSJグループには国内で2000万人のお客さまがいる。やはり中核は損害保険事業で、我々は国内の事業基盤をしっかり固めていく。

一方、海外事業も強化していく。中国には業界に先駆けて5つの拠点を設けている。さらにインド、タイ、インドネシア、マレーシアなどにも進出している。中国に限らず新興国へ参入する一番の目的は自動車保険の契約をとること。保険会社の買収や現地法人の増資、現地の販売網の買収など事業拡大の方法を考えていく。ただ、あれもこれもと広げることはできない。人口急増で自動車販売が伸びている新興国の自動車保険の成長を取り込んでいきたい。

※すべて雑誌掲載当時