現在、広く知られている惑星786個を1つにまとめて大きさ比較

写真拡大


まずは、画像クリックで拡大お願いします。

真ん中らへんにある四角で囲われているのが、我々の太陽系。残りの星は、近年発見されたものがほとんど。巨大な星が多いのは、もちろん大きいものの方が発見されやすく先に見つかっているからです。最近では、小さな星も発見されることが多くなってきたので、もっともっと増えていきますね。この表は、2012年6月現在のもの。

この表には、既知の星だけが描かれていますが、考えてみれば、我々の銀河系だけで何億という星が存在しているわけです。もちろんその多くは、地球も含めとても小さな星ですけれど。近年の研究では、1星につき少なくとも1つの惑星を持っている計算だと言われており、宇宙全体に何千何万何億もあると考えられる銀河を思えば、星の数なんてそりゃもう無限にあるわけですよね。それをどんどん発見して、この表に足していけば、いつかもっともっと大きな表が必要になり、さらに表を完成させるのにかるく銀河系1つぶんくらいのスペースが必要になるんでしょうね。

あぁ、宇宙


[XKCD]

そうこ(JESUS DIAZ 米版