●野望空し 猛将 呂布

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●呉越同舟
袁術が徐州の小沛城の周辺に陣営を張っている時期 呂布は劉備を宴席へと招待します。張飛は呂布について信用していないながらも劉備は宴席へ出席します。すると、当面の敵である袁術も宴席へ招待されています。

ここで呂布の提案、劉備・袁術の戦いによって利するのは曹操のみであるならば和議・休戦をさせるという事です。つまり勅命がそれぞれに出ており、それらは曹操作成の偽の勅命であると言う事なのです。

呂布は弓矢で150メートル先の槍を射抜く神業を見せ、天意をもって劉備・袁術の和睦に成功します。
●呂布と劉備、離間の計!
呂布は狩りを楽しんでいると小沛城へ向かう使者の姿が見えます。そこで呂布は使者を射抜き、所持品を調べると密書があります。

その密書は曹操と劉備は呂布討伐を企む内容(もちろん曹操の罠です)。それにより騙された呂布は劉備がいる小沛城を強襲します。

※ここで劉備・関羽・張飛は三方に別れて逃げる事になります。
●劉備、曹操に仕える!
全てを失った劉備は逃亡した先で曹操の配下として使えます。曹操は劉備に対して厚遇すると、劉備は条件付きで承諾します。関羽・張飛の行き先も不明な現時点ではそれも無理からぬ、と曹操も受け入れます。
●孫策、袁術に玉璽を渡す!
孫策は父・孫堅の形見の玉璽を袁術に差し出し、それによって兵馬を借りる事に成功します。その後、孫策は南方を次々と制圧し「小覇王」と呼ばれるまで力を付ける事になります。

一方、袁術は玉璽を武器として自ら皇帝を僭称します。これには曹操も袁術討伐の大義名分が出来たわけですが…。
●袁術討伐戦
曹操は劉備に兵を与え、曹操は呂布・孫策との連合軍を結成し、袁術討伐を目指す事になります。

※呂布と劉備が連合軍を結成するのは少々おかしいのですが、曹操は強引ながらも劉備を説得します。

連合軍に対して敗戦濃厚の袁術、しかし呂布は袁術を追撃するのをやめ徐州へと戻ります。

※呂布は袁術の次は自分の身が危ないと考えたようです。
●劉備、呂布討伐を命じられる!
曹操は劉備に呂布討伐を命じ、副将へ典韋を付けます。

その道中、劉備は張飛と再会します。これによって勢いを増した劉備軍、呂布軍との戦いも優勢となりますが…。

更に関羽も合流することとなり、呂布は惨敗を喫します。
●呂布の最期!
呂布は徐州城を奪われてしまい、貂蝉のいる下邳城へと逃げます。しかし、下邳城は水攻めがされやすい城。呂布の命運もここまでと陳宮は悲嘆します。

3ヶ月後、下邳城は水攻めで疲弊し兵もボロボロ。もはや誰が見ても降伏しかないのですが、呂布は決して降伏しません。

そこに袁術から貂蝉と引き換えに10万の援軍の申し出があり、呂布は貂蝉と共に城外に出ると、そこには曹操の軍勢が待ち構えていました。

結局、呂布はそのまま没することになり、そして貂蝉も自害をしてしまいます。

呂布の人生は裏切りの連続でした。それは彼が最強と評された武力を持ちながら誰も信用出来なかった弱さが全てだったと言えます。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト