彼氏の家でオナラ!女子のピンチをごまかす8つのアイデア


彼氏の家で楽しいおうちデート♪でも、今朝からどうも胃腸の調子が良くない、便秘も続いてるし……。「お、おならが出そう……」トイレでできればいいけど、そういう訳にはいかないシチュエーションもある。そんな絶体絶命な場面のごまかし方をまとめました(前半は;「プー」という音対策、後半は;ニオイ対策に分かれています!)







■BGMをお願いしておく(音対策)



これは、今日はオナラが出ちゃいそう……と不安な日には、事前に「音楽かけて」とお願いしておきましょう。



重低音が響くブラックミュージックか、ビートを刻むロック系がオススメ。



これでオナラ音をごまかしやすい土壌を作ります。



■激しくゴホゴホとせきこむ(音対策)



演技力も求められます。



オナラが出ると同時に、まるで死期が迫った重病患者のように「ゴ、ゴホゴホゴホッ!!」とせき込みます。



彼氏もアナタが激しくせき込む様子に驚いて、「だ、大丈夫?」と介抱してくれ、オナラの疑惑を回避できるでしょう。



■食器や家具を倒す(音対策)



これもせき込み同様、彼を動揺させてごまかす効果を狙っています。



「キャッ!」などと言いながら、中身の入っていないコップを倒す、本を机から落とす、いすを思わずひっくり返す、など、手近で目立つ、音が鳴りそうな物を倒して、気を引きましょう。



ただし、ワレモノやケガに注意を。オナラをごまかす代償に血を流す事態になってはいけません。



■部屋のせいにして換気をしてもらう(ニオイ対策)



ここは彼氏に悪者になってもらいましょう。



「この部屋、ほこりっぽい」



「なんかカビっぽいニオイするから、換気したい」



などと言って、窓を開けるのです。これで、あなたの不始末は風に流されていくはず。



■「蚊がいる」と騒ぐ(音・ニオイ対策)



「あ、蚊がいる!」と言いながらパチンと手をたたきながら音をごまかし、蚊がいるかのように装う、陽動作戦です。



蚊取り線香を炊いてもらえれば、ニオイ対策も同時に可能。



演技力が求められますが、一粒で二度オイシイ対策です。



■「飲み物買ってきて」とリクエストする(音・ニオイ対策)



これは、窓の換気がうまくいかず、ニオイが部屋に残りそう。それなら、彼氏をいったん部屋から追い出してしまおうという作戦です。



一緒に買いに行こうよと言われてしまっても、



「ちょっと頭が痛くて……」などと言って自分は待機。彼氏がいない間にニオイ消しを済ませましょう。香水やスプレーがあれば駆使して。



■「大事な話がある」と真剣な顔をする(音・ニオイ対策)



オナラの直後、



「私ね、実は○○君に秘密にしている事があるの……」



「すごく悩んでることがあるんだけど、相談してもいい?」



など、シリアス度200%の顔を見せましょう。



あなたの真剣さに、思わず彼氏も「ん、んん??」と引き込まれ、(オナラ?)なんていう疑惑は忘れてくれるはず。



ただし、秘密の内容は、その場で頑張って考えましょう。



■「出ちゃった」と言ってカレに抱きつく(音・ニオイ対策)



これは彼氏がどんな人かによりますが、イチかバチかの勝負に出ます。



もし、バレてしまった時にも使えるセリフですね。



一説には、男子は女子ほどオナラについてシビアに考えていないとも言われていますし、



自分の失態を告知することで、もう一歩深い関係に発展できるかも?!というギャンブル。



「素直でかわいいじゃん」と彼氏に思われるか、



「え、女子なのにオナラ?」と思われるか、女の賭けですね。



心配であれば、かわいく抱きつくことで、女子の武器も使ってしまいましょう。



■おわりに



我慢しようとすればするほど、したくなってしまうのがオナラ。



いつ訪れるか分からない、身近な危機。



イチ女子として、回避方法を抑えておきましょう!



(maromaro/ハウコレ)