2012年6月23日(土・現地時間)、ブラジルのリオデジャネイロ州ベロオリゾンテにあるエスタジオ・ジョルナリスタ・フィリッピ・ドゥルモンドでは、UFC147「Silva vs Franklin II」が開催された。

前日には、米国ニュージャージー州アトランティックシティで、UFC on FX「Maynard vs Guida」の大会を終えたばかりのズッファ。米国とブラジルで二日連続の開催となった今大会は、ヴァンダレイ・シウバとリッチ・フランクリンが約3年ぶりに再戦を行った。

当初、TUFブラジル版コーチ対決として、ヴァンダレイとヴィトー・ベウフォートが戦うことになっていたが、ヴィトーが負傷したため、UFC148でカン・リーと対戦する予定だったフランクリンがスライド出場、190ポンド契約の5Rマッチに臨むこととなった。

試合は、ヴァンダレイがフック、フランクリンがストレート系のパンチを多用するも、初回はヴァンダレイがやや受けに回る印象を残す。それでも、2Rにはボディからショートフック、右ストレートからヒザ、フックの連打、さらに右ストレートを放ち、攻勢となったヴァンダレイは、崩れ落ちたフランクリンのシングルレッグに対し、バックに回ってパンチを連続して放った。

だが、3Rになると、息を整えるラウンドにしたのか、手数が極端に減るヴァンダレイ。4Rもフランクリンがパンチを当て続けると、5Rにはポイントリードを理解しているフランクリンが距離を取り、最後の最後に打ち合いに応じると、左フックでヴァンダレイにヒザをつかせてタイムアップに。ジャッジ3者とも49−46をつける判定で快勝した。

また、ミドル級、フェザー級で行われた「TUFブラジル」決勝戦は、ミドル級でシーザー・フェレイラが、フェザー級でホニ・マリアーノ・ベセーラがそれぞれウィナーとなった他、ファブリシオ・ベルドゥムは、マイク・ルソーを1R2分、TKOで破っている。

UFC147「Silva vs Franklin II」全試合結果&レポート