<190ポンド契約/5分5R>
リッチ・フランクリン(米国)
Def.判定3-0:49-47、49-47、49-47
ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)

サウスポーに構えるフランクリンがジリジリと距離を詰める。ヴァンダレイはローからパンチを打ち込もうとして踏みとどまる。低く構えるフランクリンの左ローに、右ストレートを合せたヴァンダレイは、カウンターを狙って待ち構える。

フランクリンも果敢に前に出て、左から右を伸ばす。もの凄い歓声に包まれたオクタゴン、フランクリンはジャブを伸ばし、右フックにつなげる。ヴァンダレイの右ハイをキャッチしたフランクリンだが、深追いはせずボディストレートを放つ。前に出たヴァンダレイだが、戻る際にややバランスを崩す。

ケージに詰まったヴァンダレイは、左ストレートや左ミドルを受けるなど、フランクリンがペースを握る。左ストレートから左ミドルを再び放つフランクリンの上体を、ヴァンダレイは右ハイで起こさせる。フランクリンの左ストレートに、ヴァンダレイは左右のフックを返していく。1Rはヴァンダレイが受けに回るシーンが多かった。

2R、左フックを放ったヴァンダレイは、フランクリングの右ジャブをステップバック。右ハイから右ローを繰り出すも、自らバランスを崩す。ヴァンダレイはフック、フランクリンはストレート系のパンチが多い。右前蹴りを伸ばしたヴァンダレイは、右から左ボディを受ける。

右フック、左右のボディフックと前に出るフランクリンは、ヴァンダレイのフックをよける。さらに左右のパンチをガードの上から連続で放つ。ケージ際から離れられないヴァンダレイは、左ボディフックから右フック、右ストレートをヒットされる。手数が少なくなってきたヴァンダレイは、左ストレートから右フックと攻撃を受け続ける。

フランクリンのボディに、ようやく右フックをヒットさせたヴァンダレイは、前手でショートフックを見舞う。と、右ストレートからヒザ、フックの連打、さらに右ストレートを打ち込む。崩れ落ちたフランクリンは、シングルレッグに出るも、バックに回ったヴァンダレイがパンチを連続する。引き込んだフランクリンに鉄槌を落すヴァンダレイ、2R終了のホーンがなるまで、フランクリンは攻撃を受け続けた。

3R、序盤は互いに様子見のなか、フランクリンが左ミドルから右ジャブを伸ばす。ヴァンダレイはガードを固め、右フックのカウンターを狙う。左ボディを放ったフランクリンは、右ジャブから右フック、さらに右ジャブを伸ばす。完全にカウンター狙いのヴァンダレイは、2R中盤までと同じようにボディ、ミドル、右ストレートを受ける。フランクリンは左ハイを放ち、間合いを取り直すと左ストレート、さらに左ミドルを蹴り込む。

息を整えるラウンドにしたのか、全く手を出さないヴァンダレイ。残り1分となり、左ボディにヴァンダレイの体がよれる。左ストレートからバックに回ったフランクリンは、テイクダウンを奪うと、ハーフから右ヒジを落す。右手を取られ、エルボーからパウンドを連続で浴びたヴァンダレイは、3Rを取り返された。

4R、両者の右フックが交錯、ヴァンダレイも距離を詰め自ら前に出る姿勢を見せる。そのヴァンダレイの右ハイは空振りとなり、フランリンは地味な作業のように左ボディを繰り返す。ヴァンダレイが受けに回るシーンが再び増えると、フランクリンは左ストレートから右フックをヒットさせる。

続けて左ストレート、ボディと攻勢に出るフランクリン。ヴァンダレイは2Rのような一発からの攻勢に賭けているのか? と、ヴァンダレイの右ローがフランクリンの急所を直撃する。サウスポーとオーソの体形が多い今大会で、何度も見られたシーンだ。