<TUFブラジル・フェザー級決勝/5分3R>
ホニ・マリアーノ・ベセーラ(ブラジル)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ゴドフレッド・ペペイ(ブラジル)

入場の段階で涙を浮かべるチーム・ノゲイラ所属、TUFブラジルではチーム・ヴァンダレイだったベセーラ。髪の毛を真っ赤に染めたペペイが、パンチを伸ばし組みつく。離れると、両者ともの大振りのパンチを繰り返し、ペペイが再び組みつくが、ここでフルガードから引き込む。後頭部を殴ったと注意を受けるペペイは、キムラを仕掛ける。腰の後ろでクラッチするベセーラが、このクラッチが外れると危ない。

ペペイはキムラを諦め自らクラッチを解いてパンチを見せるが、パンチを後頭部に落しまたも注意を受ける。直後にブレイクを命じられ試合がスタンドに戻ると、ペペイの前進にベセーラのヒザがヒット。ジャンピングガードを見せたペペイをスラムで叩きつけたベセーラは、インサイドをキープし初回が終わった。

2R、左インサイドローを蹴り込んだペペイ。ベセーラは左ボディを伸ばし、ペペイは荒いフックから前に出る。バックステップでかわしたベセーラは、右フックを空振り。組みついたペペイが再び引き込むが、ここからの仕掛けがボディへのパンチと頭部へのエルボーのみと思われた刹那、オモプラッタへ。素早い仕掛けを察知して、スタンドに戻ったベセーラ、この辺りはさすがだ。左フックが交錯し、ペペイは右ロー、ベセーラは前蹴りを見せる。

残り1分、左ボディをベセーラが伸ばすと、ペペイは左ジャブを繰り出す。単発の攻撃が多い打撃戦は、互いに効果的な攻撃が見られないまま、スピニングバックフィスト、後回し蹴りと動きの派手な動きだけが繰り出され、試合は最終回に。

最終回、前に出てきたペペイにベセーラの右フックがヒット。たまらず組みついたペペイだが、自らパンチを放ちながら距離を取る。ベセーラは左ミドル、左の前蹴りを見せる。ペペイも左ジャブを伸ばすが、これはベセーラがブロック。荒いフックの打ち合いから、ペペイのローがベセーラの急所をかすめる。

再開後、組みついて左ワキを差したペペイだが、ジャンピングガードがすっぽ抜け背中からマットへ。ローを入れるベセーラ、レフェリーはペペイに立ち上がるよう指示を与える。 左ら右を振るうベセーラの急所に再びペペイのローがヒットし、大の字になるベセーラに手を合わせるペペイ。再開後、距離を取るベセーラは頭を下げながら左フックを繰り出すも、これは空振りに。残り10秒でペペイが組みついてテイクダウンを狙う、と同時に試合終了に。

何やら言い合う両者が観客にアピール合戦。試合が終わって元気になるのは、いかがなものか……。勝者のコール前に、またも涙を浮かべるベセーラが3−0で勝利し、TUFブラジル・フェザー級を制した。