●豪傑 張飛の涙

(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●曹操、帝を囲い権力者となる!
呂布を兗州から撤退させる事に成功し、洛陽の帝を救出した曹操は実質的な権力者となります。特に曹操は帝の勅命を出す事が出来るのです(もちろん帝は曹操の傀儡、彼の出す勅命は帝の本意ではありません)。

そこで曹操は徐州の劉備に呂布討伐の勅命を出しますが、関羽に見破られ失敗に終わります。そこで曹操が次に狙うのは…。
●劉備の母を狙う曹操
曹操は劉備の母を誘拐する事を企みます。劉備の母は劉備から送られてきた金銭や宝には触れず、貧乏暮らしをしています。そこで曹操は劉備の母を誘拐して劉備を操ろうと試みますが、淑玲の機転により劉備の母は徐州の劉備の元へ向かいます。
●貂蝉と関羽の再会
夜、美しい笛の音を聞く関羽。その奏者は貂蝉。彼女は呂布の妻となっていますが…。

彼女が徐州にやってきた目的は呂布を劉備に何か伝える為のようです。どうやら呂布は劉備と同盟を結びたいと言う意向のようです。劉備は承諾しますが、張飛は呂布のこれまでの所業から彼を信用出来ずに憤慨します。

更に劉備は同盟どころか徐州を呂布に譲ろうという考えを関羽・張飛に伝えます。

翌日、呂布が徐州城へと来訪しますが、劉備の申し出に対して呂布は逆に驚きます。とりあえず呂布は返答を保留にして、近くの小沛城を借りる事にします。
●曹操の策略
呂布の徐州入りを聞いた曹操はある策略を企てます。

袁術に劉備討伐の勅命を出し、劉備には袁術討伐の勅命を出す。

つまり、曹操は戦力を消耗せずに劉備と袁術を消耗させ、仮に劉備が勅命に従わなければ逆賊として討伐出来る大義名分が出来る。どちらに転んでも曹操は有利になります。

この件で徐州城は張飛が留守番をすることになります(同時に張飛に禁酒令を出します)。しかし、これが劉備最大の危機を招くことになります。
●張飛、徐州城を奪われる!
留守番の張飛は曹豹の誘いによって禁酒令を破って酒宴をしてしまいます。そこで曹豹の娘が呂布の側室となる事を聞かされると張飛は激怒します。

曹豹は張飛に対して厳しく折檻をしたことにより、曹豹は呂布へと寝返ります。そこで小沛城にいた呂布は泥酔した張飛の隙を突いて、徐州城を攻め落とします。

張飛は劉備の母や淑玲も置いたままにして命からがら、劉備の元に逃げます。

※こうして徐州城は呂布に乗っ取られてしまう事になります。
●張飛の涙
袁術討伐中の劉備は張飛の失態について激怒しながらも彼を許します。

それにしても袁術の動きがおかしいと読む劉備。呂布と袁術の挟み討ちを危惧するも対抗手段が無い劉備ですが…。

そこに集中豪雨がやってきます。それによって劉備達は雨に紛れて撤退をします。

結果的に呂布と袁術は褒美について対立し、再び呂布は孤立してしまいます。

ところが呂布は三度劉備に助けを乞います。これを劉備は受け入れて呂布を信じる事にします。

そして自ら希望して小沛城へ入る劉備。人を信じる心、それが劉備の最大の武器なのかもしれません。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト