<フェザー級/5分3R>
フィリッピ・アランテス(ブラジル)
Draw.判定1-1:29-28、28-29、29-29
ミウトン・ヴィエイラ(ブラジル)

前蹴りを見せたミウトン、リーチ差もありアランテスはなかなか距離を詰めることが出来ない。ミウトンは右ストレートを伸ばし、アランテスは右ローを単発で放っていく。ミウトンも左ローを見せ、アランテンスが前に出てきたところに右を放っていく。アランテスの右ストレートにダブルレッグを合せたミウトンが、テイクダウンに成功する。

ハーフからパスを狙うミウトン、粘るアランテスをパスしサイドマウントを奪取。しっかりと抑えて、ダースチョークを狙うも、アランテスも足を戻していく。ハイガードのアランテスに、ミウトンはパンチから鉄槌を落す。立ち上がられないよう2、3発パウンドを落とすと頭をつけるミウトンは、2度目のパスガードに成功する。ダースチョークは凌がれたが、ラウンド終了までミウトンがトップをキープした。

2R、右ヒザから左のヒザへの二段蹴りを見せたアランテス、ミウトンは左ジャブで突き放そうとし、右ストレートを伸ばす。もの凄い歓声に呑まれることなく、冷静に戦う両者。ミウトンは左ジャブから前蹴りを見せ、アランテスは再びヒザ蹴りにトライする。やや距離が近づくと、アランテスは左右のローを入れ、左ハイを放つ。残り2分でダブルレッグを見せたミウトンだが、これはスプロールされ左ジャブを受ける。

左ボディフックから右を狙ったアランテス。ミウトンは右オーバークロスから前蹴りで前進するも、アランテスがサークリングでかわしたため、目標を見失いケージに直行してしまう。サウスポーを織り交ぜながら足を使うアランテスだったが、ミウトンの後ろ回し下蹴りで姿勢を乱す。すかさず組みついたミウトンだが、テイクダウンを奪ったのはアランテス。ガードを取ったミウトンが、足を取ろうとしたところでがぶりからアランテスがバックへ。ガードを取り直したミウトンに、アランテスがパウンドを落とし、2Rを戦い終える。

最終回、両者が相手の出方を伺うようななか、左ジャブをアランテスが伸ばし、右につなげる。ミウトンのパンチは手打ちなりやすく、足が前に出ないケースが増えアランテスを追い切れない。左ジャブから右ストレートも空振りになったミウトンに対し、アランテスは再び二段のヒザ蹴りを繰り出す。

テイクダウン狙いを潰され、引き込んだミウトンはパウンドを受けながらシッティングガードへ。ワキをさせなかったミウトンが、再び背中をつける。腰に手を回しタイトに抑えるアランテス、狙い通りブレイクを命じられる。スタンドに戻ると左、右と回りながらソバットのような蹴りを見せたアランテス、ミウトンも後ろ回し蹴りを繰り出す。残り10秒、アランテスが距離をコントロールし続けた。

ジャッジの裁定は分かれた、29−28でアランテス、29−28でミウトン、最後のジャッジは珍しく29−29をスコアしドローという結果に終わった。